2010年04月07日

子宮の組織検査

1月に区の子宮癌検診で婦人科に行った
子宮頸癌の検査は異常無かったんだけど

医師が「 kururu の貧血が気になる」と言う
鉄剤の服用を止めるとヘモグロビン値ががくんと下がる
で、エコーで診てみたら
子宮に何かが映ってた
「月のめぐりでそう見えるだけかもしれないけど
 念のため、別のタイミングでもう一度診てみましょう」

で、本日 再検査
やっぱり何かあるみたい
子宮の内膜と内部に1cm程の影
「内膜ポリープの疑い」だそうで

「悪いものだったら処置がいるけど
 そうでなかったら経過観察でいいと思います」
ってな訳で、識別のため 細胞診も追加
「1週間後に結果を聞きに来て」と言われて
帰ってきたんだけど

・・・あれ?
それって『子宮体癌の疑い有り』ってことじゃない??
その場で気付かない kururu もどうかと思うけど
確かに
「癌の疑い」なんて今から知っておく必要も無い
kururu は『癌』と聞いても別に悲観したりしないけど
人によっては
心配で心配で居ても立ってもいられなくなっちゃうかも

そう考えると、サラッと言ったこの医師は気が利いてるのかも
この先生は 深刻そうに言わないところがいいね

本日のお代
再診料+エコー+細胞診 → 健康保険で3割負担 3,810円也


ラベル:医療
posted by kururu at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。