2010年04月22日

『改正国民年金法成立』障害年金受給後の結婚・出産でも加算

先日ちらっとお知らせした「国民年金法等改正案」が
可決、成立(本決まり)したよ
施行(実際にそうなるの)は来年、平成23年4月

NHK ニュース 2010年4月21日
改正国民年金法 参院で可決

共同通信社 2010/04/21
障害年金加算の改正成立 対象は7万人

【両記事の内容↓】
障害年金の加算要件を拡充し、
すでに年金を受け取っており、その後、子どもが生まれた場合などでも、年金額が加算される改正国民年金法が、21日に成立した。

障害年金は、20歳以上の人が、病気やけがで重い障害を負った場合や、
障害がある子どもが20歳になった場合に原則支給され、
障害年金の受け取りを始めた時点で、子どもがいたり、サラリーマンで配偶者がいれば、年金額が加算される。
しかし今の制度では、
障害年金をすでに受け取っており、その後、子どもが生まれたり、結婚した場合には、年金額は加算されないため、
今回、法律を改正し、そうした人たちも加算の対象にすることになった。
この法律は、20日の参議院厚生労働委員会で可決されたのに続いて、
21日開かれた参議院本会議でも全会一致で可決され、成立した。

これによって来年4月から、
▽配偶者と、2人目の子どもまで
 1人につき、それぞれ年額22万7900円、
▽3人目以降の子どもは1人につき、年額7万5900円
が年金額に加算される。

 障害年金の受給者は2008年度末時点で約182万人。
今回の改正で約7万人が新たな加算対象になる見込み。

同法をめぐっては障害者団体から
「障害者は結婚したり、子どもを持たないという先入観に縛られた
 差別的な規定」
などと批判が出ていた。

実際の受給者の例などがあり
身近に障害者が居ない人にでも実感しやすい(と思われる)記事↓

産経ニュース 2010.4.22
障害年金 受給後の結婚・出産にも加算


ラベル:社会保障

2010年04月21日

「大きい病院で検査してください」

先だって健康診断で引っかかった尿潜血(++)
「2カ月後に再検査」と言われてたので
本日再検査に行ってみた

そしたらさー
今回も尿潜血(++)
加えて WBC(白血球)(+)
と、ちょっと心配あり

「紹介状を書くから大きい病院で精密検査を受けて」って!
腎臓か膀胱か尿道辺りに何かあるかも、ってことらしい
膀胱炎とか結石とかかもしれないけど
腎炎とかだと、腎不全に進む危険あり
癌だったら、もちろん急いで対処しなくちゃだし

はーい
なるべく早く行ってきます
それにしても
検診受けて本当に良かった

本日、再診料+尿検査 → 健康保険3割負担で 1,260円也
つづく→
ラベル:医療
posted by kururu at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

『「理解出来ない」という言葉は残酷だ。』

kururu のお気に入り
度々紹介している『タケシとワタシ』から
2010年3月26日 (金)
金原ひとみはやっぱり凄かった。

中日・東京新聞系新聞で日替わりの『本音のコラム』ってので
金原ひとみが
「理解出来ない」という言葉は残酷だ。
それは、全ての原因と責任をある個人の中に押し込めてしまう。
まるで「理解出来ない」事こそが正しい事であるかのように装いながら。
と書いていたそうで
それを受けて、ワタシさん
時に一瞬の不安というのは、
心臓を抉るほどの力を持つことがあります。
ほんの一瞬でも一撃必殺。
それが内に向くか外に向くかは誰にも分かりません。
そういうことを忘れていました。

【他にも色々興味深い】
2010年4月 6日 (火)
「わかりやすい」ってほめ言葉じゃない。
2010年4月 8日 (木)
思い出すほど腹が立つ
2010年3月28日 (日)
竜馬「酔ったフリをするもんじゃ」
2010年3月25日 (木)
「末代までの恥」
2010年3月15日 (月)
「カメラが趣味です」
2010年2月13日 (土)
またオリンピックが始まったようですが、
ラベル:本とか 考える葦
posted by kururu at 23:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

転院して メンタルクリニック デビュー☆

10年前、 kururu に
生まれて初めて『自閉症』と診断をつけてくれた病院に
以来10年間通って来たんだけど(ここ

元々
『電車を乗り継いで 片道1時間』と ちょっと遠かった上に
(地下鉄は苦手だし (+_+) )
この春から 専門外来の診療時間が変更になり
増々通院が困難になった(これ

で、近所の診療所に転院する事にしたの(これ
本日 初診

その医師とは
1月の内覧会に行った時にもちょっと話をして
悪く無さそうだと思った(これ
今日、改めて話してみたら
ん? ちっとせわしないかな
うんうんうん そうそうそう
あー、それって◯◯なんでしょ
そういう人 居ました その方は◯◯で・・・
アスペルガーの人って一人一人タイプが違って・・・
おいおい
精神科医が患者より多くしゃべってどうする(笑
kururu 、なんだか面白くなっちゃって
その医師にどんどんしゃべってもらっちゃった

こんなんで
本当に 患者の困難を理解出来るのか?
多少の疑問はあるけれど
まあ、何とかなるでしょう

kururu さー、
前の病院で担当医が変わる時も いつもそうだったんだけど
初めて合う人には 必要以上の違和感を感じやすいみたいなの
今回の医師も しばらく通えば慣れると思う
間合いの取り方も分かってくるだろうし
やっぱり何とかなるでしょう

家から近いし(徒歩10分)
大通りに出ないで静かな道だけで通える
(人込みでは胸がキューってなっちゃうよ)
1階なので エレベーターもエスカレーターも乗らなくていいし
(どっちもこわい (+_+) )
ロビーが 1面ガラス張りで自然光で明るいのもいい♪
(窓が無くて蛍光灯、っての もこわい (+_+) )

困る事は
診察室に窓が無い事と
(窓が無くて蛍光灯の部屋は苦手)
医師と患者の椅子が黒い革製で大きい事
(暗い色で艶々したものは苦手 (+_+)
 蛍光灯の光だともっとこわい。。。((+_+)) )
・・・ってくらいだけど
患者の椅子は自分が座ってれば見えないし
医師の椅子も医師の体で大方隠れてるから
そんなに気にならなかった

概ね気に入ったので
しばらく通ってみる事にする
万が一不都合があったら
元の病院に相談すればいいし
まずは一安心☆
ラベル:医療 自閉症

2010年04月18日

生活立て直し会議(別名:現実確認会議)

うちの彼は
生活するという事が
どうも分かっていない

生きて行くには
金がかかり
家事労働も必要で
他者の支えも受けながら
自身も他者の支えになるべく
各自の努力が必要である

と、いうことが
どうも理解できていない様子

普段から
「金がない」「電話代が払えない」
「爪に火を灯す様な思いで暮らしている」
と言うので、稼ぎがないのかと思っていたんだけど
毎日 酒もたばこもコーヒーも買い
ちょくちょく酔っぱらって帰ってくるし
わりと頻繁に服も買う
挙げ句、ケータイ2台目を契約してた!!

ここいらで もう一度
話し合いが必要だと考えたんだけど
いくら言っても「時間がない」の一点張り
これは、普通の言い方では埒があかない、と気付き
数日前に彼に通告してみた
『話があります』
今度の日曜日(4/18)はどうですか
可否と、否の場合は代案を、土曜中に回答の事

いずれにしても その日は家に居るように
外出など、他の予定は一切キャンセルして下さい
前日に帰宅せずにばっくれる、なんてな卑怯なまねはしないように

銀行の通帳とカード、郵便局のカード、ケータイ2台とその契約書、源泉徴収票、を揃えて提出してください

出来ない場合は理由と代案を 前日までに申請の事
希望があれば、話し合いの内容を事前にe-mailで送ります

いつも君が勘違いしているようなのでハッキリ言いますが
これはお願いではなく通告です
こちらが話し合いの場を用意しているのに応じないようであれば
再度 裁判所に仲介を頼みます
そこまで言って
本日やっと、話し合いが実現

通帳を改めたら、結構な額の稼ぎがある
え!? 家賃も電話代も生協の支払いも税金も健康保険も
何もかも払えずにいたのに
毎月何十万も遊興費に使ってたの???

毎日働くのはイヤ
自営業を選んだのに
他人に頭を下げる営業活動なんてしたくないし
他人に使われるのはもっとイヤ
金銭的に困っているけど
誰にでも出来るような仕事はしたくない
家でも 家事労働には時間も労力も裂きたくない
したい事だけして
稼いだら稼いだだけ遊興費に使い
余った時だけ家計に差出し

そんな自分をどう思っているのか
kururu には皆目見当も付かない
あまりにも理解の出来ない所だらけで
どこから話したらいいのやら???

嫌な事や面倒な事は回避
「常に優しく自分を肯定してくれる人」以外の人も拒絶
あまりの打たれ弱さに
誰にも打たれていないのに打たれたと思い込む
自分の言動は棚に上げ
「他者に傷つけられた」と、自分は被害者だと感じてばかりなので
仕事も人間関係も長続きせず

何らかの障害が疑われるが
( kururu の主治医の見立てでは
 発達障害か、回避性パーソナリティー障害か)
当人、自身の弱さをみつめる力がない
(あ、だから「上手く行かないのは他人のせい」って思うのか)

家庭裁判所の調停員に
「使いたいだけ遊びに使って、残りを生活費に回す
 なんていう姿勢では生きて行けない」
と諭され、うなずいていたはずなのだが

その後
鬱病でしんどい時期の kururu に
「必要な額の明細を示せ」と無茶な要求を出し
(しかも、妻の鬱病悪化の原因は君だ)
二人で計算して表で示したってのに
その後一月(ひとつき)たりとも
必要額をまかなった事はない

これ以上何を話せばいいのか
繰り返し言い含めるしかないのか
ほんと、どこから話せば良いのやら
ツマ オオイニコンワク。。
posted by kururu at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 愛してるとか 好きだとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

職業訓練(3回目)

自閉症 kururu の
「目指せ! 優良納税者☆」計画

1週間で家で進めた課題
・パワーポイント(アプリケーションソフト)を使って
 簡単なちらしを作ってみた

本日のメニュー
・前回の続き
 パワーポイント(アプリケーションソフト)の
 アニメーション機能を使ってみる
・イラストレーター(アプリケーションソフト)を使ってみる

以前から
Photoshop は ぼちぼち使ってたので
同じメーカーの Illustrator も
今日 初めて触ったんだけど
わりとすんなり、理解しやすかった ( 'ー')
ラベル:職業訓練 自閉症
posted by kururu at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 目指せ! 優良納税者☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

「自分を大切にするのも程々にしなさい」by kururu の母

久々に母と話して また思い出したんだけど

昨年、 kururu のアトピーが悪化して
「乳製品アレルギーが出た」と伝えたら
母から届いた手紙
あなたは乳製品が食べられないとか言うけれど
自分を大事にするのも程々にしなさい
食生活は健康の基本です
食べられないと言っていないで、バランス良く食べなさい

病院なんて
死にそうになったら行くくらいでちょうど良いのではないですか
はい
かゆみで眠れず死にそうでしたが・・・
ってか、アレルギーを甘く見て 無茶な食べ方してると
どんどん進行して 本気で命に関わるんですがね

相変わらず、言う事が理にかなっていない
どうしてそういう発想になるやら??? ・・・(・ ・?)

母は、近頃 父がまめに病院へ行くのが気に食わんらしく
父のことを「自分を内観できていない」とか言ってるし・・・
いや、彼は70過ぎた爺さんですよ
何の不調も出ないと期待するのはむしがいいってもんなんじゃない?

この人
「自分の身内が世間並み以下だなんてありえない」
「健康でないなんて不愉快だ」とでも思っているのか
よく、こういう物言いをする
小さい kururu が疲れてぐったりしてると
「モタモタするな」
どこか痛くて困ってると
「しゃんとしなさい」(これ

窓際のトットちゃんを読んでは
「ハンデがあっても立派に生きてる人が居るのに
 あんたはなんでまじめにやらないの!!!(怒)」
と娘を責め立てるばかりで(これ
未診断だったにしても
自閉症とLDでしんどい思いをしている娘を毎日見ているのに
負担軽減を試みるなど思いもよらなかった様子

度々学校で倒れ、時々救急搬送される娘を迎えに来れば
毎度毎度 迷惑そうな態度で叱責する
過呼吸や血圧の急低下などについて
医師から
「自律神経が上手くバランスが取れていないので・・・」
と説明を受ければ
「あなたが甘えてばかりでしっかり自立していないから
 こういう事になるのよっ!!」
と的外れな批難をし(これ

我が親ながら
どうも思慮が足りない様におもわれる
(しかも口が余計)
新聞も少しは読んでるし(主に家庭欄だけど)
人付き合いも広い
ボランティア活動なども長年してるし
極端な世間知らずという訳ではないはずなんだけど
それで、70近くなってまで
どうしてこうなのか???

親戚付き合いも ご近所付き合いも
そつなくこなしているように見えてたんだけど
思い返せば
事情のある人たち(健康上の悩みのある人たちとか)からは
疎んじられていたような節も。。。

娘相手に暴言を吐いてるくらいならまだいいけれど
よその人に失礼を働いているのではないかと気にかかる
歳も歳だし
今さら大きな気付きが訪れるとは期待出来ないけれど
せめて口を控えてくれたら、と思う

【おまけ】
人は
新聞を読んでても、人付き合いがあっても
視野は開けず、偏見に気付かず、人に絶望を与えてしまう
こういう「想像力の欠如」のことを
養老先生は『バカの壁』と呼んだのですね

バカの壁 』養老 孟司 (著)


超バカの壁 』養老 孟司 (著)

2010年04月15日

「皆さまにおかれましては 不自由な暮らしをしている事と思います」by 日本年金機構

→つづき
kururu は
国民年金の障害基礎年金を受給している

で、申告内容についての問い合わせで
日本年金機構から封書が届いたんだけど
障害年金受給者の皆さまにおかれましては
日々不自由な暮らしをしている事と思います
・・・(・ ・?)
ナンダソレ???

あー、これって多分
一般的な枕の文を置き換えただけなんだ
皆さまにおかれましては
日々増々ご健勝のこととお喜び申し上げます
ってやつ

けどさー
まず、一斉発信ではなく個人宛のお手紙なのに
『皆さま』っておかしいし

確かに『ご健勝』ではないけど
『不自由な暮らし』って
手紙を送りつけていきなり言うようなことじゃない
仮に『お喜び』や『お見舞い』なら
わざわざ言いたい気持ちも分からんでもないけど
ってか、障害は病気ではないので
『お見舞い』を言われても違和感があるんだけど
それにしても
ただ『思います』って言われたってねぇ。。。

「書いときゃいいんだろ」的な文字の羅列に
お役所仕事の真髄を見た気がしたよ
たいしたもんだ
→つづく
ラベル:社会保障

狭いところは好きですか?

世の猫さんたちは
せまっこい所に潜るのがお好きな様で
箱ネコ、紙袋ネコ、こたつネコに
近年は『ねこ鍋』まで (^○^)!

自閉症 kururu も
どうも『ねこの気(け)』があるような・・・
おっきい kururu は
段ボール箱や紙袋には入れないけど
おこもり大好き☆
おちつくんだよね〜

子供の頃は
カーテンにくるまるのが大好きで (=^・^=)

今の家に来る前まで(20歳代後半まで)は
ダイニングテーブルの下がお気に入り (=^・^=)

今の家はテーブルが小さく潜れないので
不安になると
今はもっぱらお布団の中 (=^・^=)

せまっこくて薄暗いところは
不安が和らぎ 気持ちが安らぐ
布にくるまることができると尚よろし
逆に、着衣を脱ぐのは不安が増す
(入浴、着替え、水着や半ズボンやブルマー、など)

kururu の親兄弟は
kururu のおこもりを見つけると 必ずとがめていた
当時 自閉症の診断が付いていなかったってのもあるんだけどさ

こういうの(狭いところにこもる)って
非自閉症者の間では一般的な行動ではないらしいから
自閉症児者の家族でも 受け入れ難い人も居るとは思う
けどさ
狭いところにこもる事が不安のコントロールの一助になるのならば
それは一つの知恵なんじゃない?

おこもりを止めさせようとするのは
「当人の困難の軽減よりも
 多数派と同様に振舞う事が 何にも増して大事である」
ってなことだよね
視覚障害者に「白い杖を捨てろ」と言ったり
五体不満足』の乙武くんに
「変な乗り物よりも、役に立たなくても義手と義足を付けろ」
と言ったりするようなものだよ

自閉症児者が 安心してこもれるように
周囲の人は鷹揚に見守ってあげてほしい

障害と私たちの社会 (子どものためのバリアフリーブック―障害を知る本)


もし、あなたが、その子だったら?
 ―軽度発達障がいと気になる子どもたち
』 ほんの木 (編)
(中田洋二郎、山下直樹、海津敦子、小西行郎、大村裕子)
ラベル:自閉症
posted by kururu at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

子宮癌じゃなかった

先週 見つかったポリープ
細胞診の結果、良性でした♪

今すぐに必要な処置はないとの事で
あとは 半年ごとの経過観察でいいって☆
まずは一安心

本日 結果を聞いただけなので
再診料のみ 360円也
ラベル:医療
posted by kururu at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

洗濯機 また修理

排水ホースが割けてしまった。。。

先月の『風呂水ホース』に続き
『排水ホース』も交換

メーカーに電話して
「自力で交換できないか?」と尋ねたら
「特殊な接着剤を使っているので 外すのも付けるもの難しいだろう」
との事
しょーがないので またまた出張を依頼

本日午後 数十分で交換完了
今回は 出張料、技術料、ホース代 込みで8,000円弱
ま、これでしばらく働いてくれるなら安いものです
ラベル:家事
posted by kururu at 23:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

『障害者新法の検討部会、メンバー55人 異例の大所帯』

朝日新聞社 10年4月12日
障害者新法の検討部会、メンバー55人 異例の大所帯

【概要】
 障害者自らが制度づくりを進める政府の「障がい者制度改革推進会議」は 障害者自立支援法の廃止後の法制度を検討する部会の発足を決めた。
関係団体の要望を踏まえた結果、部会のメンバーは55人の大所帯に。
親会議メンバーの24人の2倍以上という異例の構成になった。

 55人のうち、障害がある当事者や家族などは22人。
発達障害など会議のメンバーに入らなかった団体からの不満を考慮した結果、膨れあがった。
ほかに有識者や自治体関係者などが入る。
「55人は前代未聞だが、多くの人の意見をなんとかまとめていきたい」

 初会合は27日。
部会での検討をへて、厚生労働省は2013年8月までに
障害者自立支援法を廃止し、新法制を実施する方針。
そうそう
1月の親会議の初会合の時
発達障害の当事者や関係団体がメンバーに含まれず方々から批判されてた
で、今回 部会発足にあたって やっとこさメンバーとして呼ばれたようで

kururu の希望としては
身体、知的、精神、の3障害とは別に
第4の障害の概念を作って欲しい
発達障害や高次脳機能障害、その他
先発の3障害の概念では括れない困難を抱えてる人がいるのに
現在は
『体が動いて、知的に高い、けど困ってるんなら精神障害』
っていう運用がなされている
けどさ
疾病としての精神病の人と
障害としての発達障害や高次脳機能障害とでは
困難の傾向も違えば 援助のニーズも違う
そもそも
同じ自閉症なのに、知能指数で機械的に線引きして
区別するのも不自然だ

今回の制度改革には
大きな一歩を期待してる
ラベル:社会保障 自閉症

2010年04月11日

歯医者さんで内覧会(しかも講演と CT 無料☆)

ここ最近通っている歯医者さん(ここ
開院1周年&地元の桜祭りに協賛 ってことで
本日内覧会

院内の様子はもう知っているけど
プチ講演会と CT (X線による3Dの画像診断)の無料撮影もあるというので
kururu も行ってみた

会場に着いたら
ん!? 先生たち、こんなに何人も居たの?(゜▽゜)
非常勤の人たちも今日は全員集合なのね
お茶とお菓子まで用意してくれてた
歯科医師たちは みんな
院長が講師をしている歯大の医局の人なんだって

今回の演目は『歯周病のケアとインプラント』
実は kururu 。
奥歯のブリッジががたついているところを
インプラント(人工歯根)にしようかと考えてる
診療時間内にも丁寧に説明してくれるし 質問にも答えてくれるけど
次の患者さんもいるし お忙しそうでなかなか詳しくは訊きにくい
それが、ナイスなタイミングでの講演会
色々訊きまくって、かなり納得
材料のメーカーの人も来てたので 色々聞けて楽しかった♪

街の歯医者さんで CT の設備があるのはめずわしいらしく
院長、かなりのごじまんらしい (∩_∩)
「他所では8,000円とからしいですけど
 うちでは3,000円〜5,000円です」

で、その CT を
今日の内覧会に来た人には無料で撮影して
簡単な診断と相談をしてくれるって☆
早速撮ってもらってみた
なるほど〜
平面のレントゲン写真だけじゃ分からない事も一目瞭然
インプラントの太さと長さを画面上に重ねて
骨の大きさ、厚さ、強度、などのシミュレーションも出来る
医療機器とデジタルのシステム、それにIT技術の融合ってすごいな〜

内覧会、たのしいな〜
行って良かった
ラベル:医療
posted by kururu at 22:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

職業訓練(2回目)

本日のメニュー
・引き続き 不調のMacちゃんを診る
・チラシなどの製作を学ぶ取っ掛かりに
 パワーポイント(アプリケーションソフト)を使って
 簡単なものを作ってみる

Flash のバージョンアップが出来ないのは管理者設定の問題か?
と考え
kururu を管理者に設定し直してみたんだけど
どうも上手くいかない
またまた
Aちゃんと kururu の 来週までの宿題にした

実習の方では
kururu は
Word、Excel、Photoshop、が ぼちぼち使えるので
初めて触った Power Point も
少し教えてもらったら大体の予測は付いた♪
実習しながら 細かい機能を確認して行けば
与し易い(くみしやすい)と見た

2時間って、あっという間
ちょっと物足りないような気がしちゃうけど
たぶん、これ以上長いと負担が過ぎるんじゃないかな
kururu さー
お金も気力体力も、あればあるだけ使っちゃう質(たち)で
楽しくなると 後先考えずに根を詰めちゃう
時間に制約があって良かった

継続出来るように 無理は禁物
初めから飛ばし過ぎないように自制します
ラベル:職業訓練 自閉症
posted by kururu at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 目指せ! 優良納税者☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

『障害年金の加算で法改正 受給後の結婚、出産対象へ』

2010/04/07 共同通信社
障害年金の加算で法改正 受給後の結婚、出産対象へ
【概要↓】
 障害年金受給者に配偶者や子どもがいる場合の加算について、
年金受給後に結婚したり子どもが生まれたりしたケースまで対象を広げる「国民年金法等改正案」は
今国会で成立する公算が高まった。

 現行制度では、
年金を受け取り始めた時点で配偶者や子どもがいるケースしか
加算が認められない。
しかし、生まれつき障害があり、20歳から年金をもらい始めた人が
その後結婚した場合などは配偶者らは加算の対象外とされ、
「不公平」との指摘が出ていた。

 現在は、障害年金の加算は
配偶者と第2子までが年額22万7900円、
第3子以降は7万5900円。
配偶者加算は障害厚生年金に限られる。

kururu もずっと疑問に思ってた
障害者は家族を持ってはいかんのか?
それがこの国の意志なのか?

家族を持つという、生命の、魂の 根源的な欲求が
障害の有無で、あるいは 障害の発生時期の違いで
社会的に阻害される
それが 現代の先進国での話だなんて!
国連障害者権利条約の理念にも反するよ

今回の法改正、はてさて どうなる事でしょう?
つづく→
ラベル:社会保障

2010年04月08日

手洗い洗濯してみた

マンションの外壁工事で
しばらく ベランダが使えない
うちの洗濯機はベランダなので
洗濯機も使えない

しょーがないので
手洗い洗濯をしてみた
Tシャツが伸びた (ノ_・。)
posted by kururu at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

子宮の組織検査

1月に区の子宮癌検診で婦人科に行った
子宮頸癌の検査は異常無かったんだけど

医師が「 kururu の貧血が気になる」と言う
鉄剤の服用を止めるとヘモグロビン値ががくんと下がる
で、エコーで診てみたら
子宮に何かが映ってた
「月のめぐりでそう見えるだけかもしれないけど
 念のため、別のタイミングでもう一度診てみましょう」

で、本日 再検査
やっぱり何かあるみたい
子宮の内膜と内部に1cm程の影
「内膜ポリープの疑い」だそうで

「悪いものだったら処置がいるけど
 そうでなかったら経過観察でいいと思います」
ってな訳で、識別のため 細胞診も追加
「1週間後に結果を聞きに来て」と言われて
帰ってきたんだけど

・・・あれ?
それって『子宮体癌の疑い有り』ってことじゃない??
その場で気付かない kururu もどうかと思うけど
確かに
「癌の疑い」なんて今から知っておく必要も無い
kururu は『癌』と聞いても別に悲観したりしないけど
人によっては
心配で心配で居ても立ってもいられなくなっちゃうかも

そう考えると、サラッと言ったこの医師は気が利いてるのかも
この先生は 深刻そうに言わないところがいいね

本日のお代
再診料+エコー+細胞診 → 健康保険で3割負担 3,810円也
ラベル:医療
posted by kururu at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

喉の異物感

月に一度の漢方通院

数カ月前から
喉の異物感が気になってた
喉仏くらいの高さで
感じとしては、直径2〜3cmくらいかな?

医師に話してみたら
「いい薬がありますよ」
と、あっさり

そんな訳で
今日から薬を1種類 増やしてみる
ラベル:医療
posted by kururu at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

数年ぶりに親に電話をかけてみた

昨日 かけ損ねた母の誕生日電話
1日遅れでかけてみた

数年ぶりの電話
kururu が名乗るのを聞いた母が
「はい? だれ?」

無沙汰を散々つつかれてから
誕生日の祝いを言って
あれこれ近況を訊かれ(うやむやに回答し)
あちらの近況を聞き

夫婦で『尊厳死協会』に登録したと言う
母「延命治療はしないでね」
はい わかりました

母「死にそうになった時に『延命しないで』って言えないだろうから」
なるほど
k「そーだよねー
  どんなに長生きしたとしても 一生に一度しか死ねないんだから
  悔いの無い死に方をしないとね」
母「確かに!
  予行練習もやり直しも出来ないんだから
  こころして挑まない(いどまない)と」

彼らは
お寺さんで何やら修行(?)をしたらしく
既に戒名も持っている
身仕舞のいい人たちだ☆
子供たちが当てにならんからか? (・・)ゞ

何はともあれ元気で良かった
母からも、柄にも無く
「声を聞けて嬉しかったよ」とのお言葉
ぶちぶちと批判や説教ばかりしてると
娘に避けられると気付いたらしい

母が「父に代わろうか?」と言うので頼んだら
父が「別にいい」と ・・・(^_^;)
kururu としても 何を話せばいいか分からんので
ちょっとほっとしたり

娘はなんとか生きてます
そちらはそちらで お元気でお過ごし下さい
あまり接触しようとしないで 適度な距離でお願いします

2010年04月04日

母の誕生日

昨夜 兄が急に来た
近所でお茶して ちょっとおしゃべり
兄「明日、母の誕生日だよ。電話でもしたら」
あ、そういえば!

kururu さー
自分と彼の誕生日と
自分達の結婚記念日くらいしか
思い出さないんだよね
(いや、キリストさんの誕生日も思い出すけど)

で、
「せっかく教えてくれたので
 母に Happy Birthday call でもしようかな」
と思ってたんだけど
本日 気が付いたら既に夜。。。

しょーがない
明日にします
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。