2010年02月28日

『こっちの方が素晴らしいんです』by 女性の品格の人

TVのバラエティー番組で
「外国人激怒、日本人の嘘」
っていうコーナーをやってた

会場に集まった外国人たちが
日本語の曖昧表現や社交辞令を
「日本人は嘘つきだ!」と糾弾し
それを受けて
愛国派(?)の日本人が自国を擁護する
という企画

「『こんどお食事しましょう』って言うけど
 いつまで待っても今度が来ない」
「『怒ってないよ』というけど、明らかに怒ってる」
などなど
自閉ちゃん kururu は 外人さん達にいちいち頷くところですが
それはともかく

日本人代表(?)として呼ばれてた女優曰く
「二度と会う気が無くても
 ぶすっとして別れるよりも
 『今度お食事しましょう』と言って その場をにこやかにする方がいい」
これだけでもびっくりした kururu ですが
(だって、最初っからその気もないのに誘うなんて!!)
それに続けて
愛国派おばさん(女性の品格の人)が
言い放った言葉にあぜん
「こっち(日本の文化)の方が素晴らしいんです」

いきなりの他文化拒絶ですか
異文化と接する姿勢としては
「いろんな文化がありますね」
「日本にはこういう文化もあるんですよ」
ってのが大事だと思う
文化の違いってのは
どっちが優れているとか言う様な話じゃないよ

この人、大学の学長してるんだよね
国際学科ってのもあるらしいけど
この学長の元で何を教えているのだろう?

『うちが一番優れてる』だなんて
帝国主義の亡霊かよ
ラベル:本とか
posted by kururu at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

あれこれ修理依頼

家中あれこれ ガタきてる
何年も前から修理したかったんだけど
kururu の調子が下がってて行動に移せず
そもそも貧乏過ぎて修理代も負担だったし

調子が上がってきた今
臨時収入もあった事だし
そうだ! 修理の依頼をしよう☆

【洗濯機の修理依頼】
1、風呂水ポンプが動かない
2、くず取りネットが破損
3、蓋の持ち手が取れた(接続部が破損)
メーカーへ電話で問い合わせたら
諸々込みで25,000円程かかるとの事
10年以上の年代物で、モーターがいつ壊れるかも知れず
この修理代はアリかナシか?

彼が帰ってから相談したら
「持ち手なんて接着剤で付けとけばいいんじゃないの?」って☆
本体側と持ち手側をよく見たら、うまく付きそう
早速、強力両面テープで付けてみたら、うんうん、いいじゃん♪
これで5,000円の節約
残り20,000円分の修理を頼む事にした

【暖房機の修理依頼】
17〜18年もののオイルラジエーターヒーターが不調
1、サーモスタットが利いてないようで
  過熱して ヤバそうな臭いがする
2、スイッチボタンのランプが点かない
国産なのでメーカーも国内
早速電話で問い合わせ

そこのメーカーでは
オイルヒーターは随分前から製造していなくて
うちのも もう修理できないという
うーん、困った
「そのまま使うのは危ないよね?」と尋ねたら
止めてくれとのこと(そりゃそーか)
引き取りは3,500円(送料込み)だそうで
しかも、回収しても リサイクルとかする訳ではないらしい
自治体の粗大ゴミ回収の方が安いのでそちらに回収を依頼した
粗大ゴミ回収料 600円也

【台所のガス機器の修理&改修依頼】
1、小型湯沸かし器の出湯管を長くしたい
2、調理用ガステーブル(コンロ)の魚焼きグリルが点火しない

上の1、は
本体の設置位置が高くて お湯がはねるので
お湯が出る位置を低くしたい
出湯管(お湯の出る所の管)が長くなれば
シンクの掃除も楽になるし♪

2、は、長く放置してたの
その間、魚はフライパンで焼いてたんだけど
やっぱ直火の方がおいしい

只今、ガス屋さんの見積もり待ち中

こんなに溜めると
問い合わせるだけで一仕事
よく頑張りました
ふう。。(・o・)
ラベル:家事
posted by kururu at 23:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

ヘルパー派遣元探し(3軒目)で決まりました☆

他の事業所から良い返事がないので
もう1軒 ヘルパー探しを頼んでみる事にした
これまでお世話になった事業所から勧められたところ
障害者の支援に力を入れているらしい

本日 金曜家事の日
ヘルパーさんが帰った後で事務所へ行ってみた

ここもご近所、徒歩3分くらい
雑居ビルの2F
昭和のTVドラマの 探偵事務所 か 売れない弁護士事務所、って趣
いまどき珍しくヤニ臭い
松田優作か柴田恭平あたりが こりくつこねてそう !(゜▽゜)!
デスクが1つ、PC&コピー機 各1台、あとは応接コーナーがある
事務所に常駐は1名か? 小さい事業所は小回りが利きそう

おじさんの所長と
おばさんのサービス提供責任者の人が話を聞いてくれた
サービス提供責任者の人は普段は支所にいて
ここの事務所には所長が一人で、支援に出てる時は無人
介護保険からスタートして
その後 障害児者の支援も開始
自閉ちゃんの移動の付き添いなどもしているんだって☆

来月からのヘルパーが確保出来ていない、と話したら
サービス提供責任者の人が
「うちは
 『このヘルパーがこの時間空いてるから入れちゃおう』
 っていうような派遣の仕方はしません
 ふさわしい人を考えますので しばらくお時間いただきますが
 それまでは私が伺います」
と言ってくれた
え!? 即答☆!?
わ〜、助かるな〜

困っているのを察して即答してくれた姿勢に
誠意と優しさ、それとプロ意識を感じたよ
所属のヘルパーの人たちのことも
一人一人よく理解している様子だし
安心して任せられると思った

そんな訳で
来週からの派遣をお願いして来た

サービス提供責任者の人 曰く
「これも出会いですから☆
 相性もあるでしょうし
 合わなかったらまた考えましょう」
はい そーしましょう
よろしくお願いいたします
ラベル:ヘルパー 自閉症

ヘルパー探しの返事が来ない

週の頭に依頼した
ヘルパー探しの回答が来ない

(1軒目)
「数日でお返事します」と月曜に言われたのに
本日金曜、未だ回答来ず
こちらから電話をかけてみたら、まだ見つからないと言う
「他の枠(利用者)も探しているので・・・」って
それって、利用者側に言う事か?
しかも、利用者を『枠』呼ばわりかよ ( ̄0 ̄)
そういう身内言葉は、お客さんに言うものじゃありませんよ
と、心の中で突っ込みを入れる

(2軒目)
「25日にご連絡します」と言われたのに
本日26日、未だ回答来ず
どうしちゃったのかな〜 (ρ_;)

リミットは今月末
しょーがないので、もう1軒当たってみることにする
つづく→
ラベル:自閉症 ヘルパー

2010年02月25日

障害者向け 就労支援 IT 講習、問い合わせ(その2)

→つづき
先日、無理をしないと決めたのに
もう少し高い所を目指したいような気持ちもある
「講習内容が もう少し広く深いといいんだけど」
「他に同様の(障害者の就労支援の)講習はないかしら?」

いつものようにググって見る どれどれ (。。)
あ、区内にもう一つ発見☆
しかもこっちは 自立支援法の訓練等給付費の対象
交通費や昼食代などの補助もある
1日6.5時間 × 週4日 × 数カ月
と、講習の量もしっかりあるから、相応の技量が身に付きそう
早速電話で問い合わせ

なになに?? 応用コースを受講するには
基礎コースの終了が必須なのね

基礎コースは
1日6.5時間 × 週4日 × 4カ月
目標>IT事務職として必要な業務能力修得
『第一に、
 就労する上で企業が求めるパソコンスキルを身につけることを
 目指しています。
 第二に、
 企業に入って必要なコミュニケーション能力を身につける訓練のほか、
 企業人として必要とされる考え方の基本(仕事の流れと対人関係)を
 学ぶ授業もあります。
 第三として、
 きれいな字を書けるようにするためのペン習字の練習の授業や、
 健康を増進させるためのストレッチ体操を行なう体育の時間が
 あります。』
え"・・・ペン習字と体育? (-_-;)…
文字のLDがあるんだけど
この歳で これ以上の書字の上達は見込めるのか?
基礎コース 端折りたい。。。(無理か)

その後、希望により応用コースを選択

データベース作成管理コースは
1日6.5時間 × 週4日 × 2カ月

Webコースは
HTML・CSSの理解、ホームページの作成・更新スキルの習得。
Webデザイナー検定3級、マルチメディア検定3級習得。
を目指して
1日6.5時間 × 週4日 × 9カ月

あとは
実務訓練コースってのと
MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)習得を目指すコースも

むっちゃ乗り気になったけど
やっぱりちょっと不安がある

朝から夕方まで、平日ほぼ毎日
バスに乗って、他人に会って、みっちり講習
体育の授業、ロールプレイング、共同作業、
過去の自分を考えると無理があるような・・・

だけど
それは自閉症の診断がつく前のこと
今は、服薬と自覚と工夫の力で
過去に出来なかった事が(一部)出来るようになってる
今の力で出来る事と出来ない事を考えよう

待ち合わせが出来るようになったので
遅刻せずに行けそうな気はするけど
毎日の外出は 未だに出来た事がない
それでも
毎日 同じ時刻に同じ道を行くのは
日々違う事に取り組むよりは ちょっとは負担が軽く済むか?
これまでの人生で、今が一番 体力があるようにも思う
ロールプレイも、今なら出来そうな気もするし

うーん、あたまぐるぐる 気持ちは揺れる
ま、考えててもしょーがないので
来週 見学に行ってくる
たのしみ〜♪
つづく→
posted by kururu at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 目指せ! 優良納税者☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

健康診断&肝炎検査&血清ペプシノゲン検査

今年の健康診断シリーズ
今日は
・特定健康診査(別名 メタボ検診)
・肝炎ウィルス検査(問診と血液検査)
・血清ペプシノゲン検査(胃の検査、採血のみ)

ふつーに健康診断に申し込んだら
特定健康診査と言われた
「特定って何だ?」と思ったら
なんと、年寄り健診だった☆!
40歳からはそれまでと違う検査項目になるらしい
『別名 メタボ検診』と言われるように、腹囲の測定があり
逆に、年寄りには不要って事なのか、視力や聴力の検査は無し

問診の後、身長、体重、腹囲、血圧、採血、採尿
ここまでが基本項目
個人的に心肺に既往症があるので、心電図と胸部X線検査を追加
服薬の影響で緑内障の心配があると話したけど、眼底検査は追加不可だそうで
これは、動脈硬化と糖尿病の疑いがある人だけが対象なんだって

昨夜から食事を抜いて、午前中の受診
病院では 30分くらいで終了
全行程 看護士さんが一人で 付きっきりで進めてくれたので
なんとなく気が楽だった
けど、医師の顔は一度も見なかった
そんなもんなんだっけ?

全額 区の負担で 自己負担金0円
結果は1週間後☆
つづく→
ラベル:医療
posted by kururu at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月23日

ヘルパー派遣元探し(2軒目)

昨日 1軒行ってみて
ちょっと自信が付いたので
本日 もう1軒行ってみた

本当は、今日は行くつもりじゃなかった
ちょっとした用事で外出した帰り道
「なんか、余力があるな〜」って思い
そのまま帰るのももったいないし
雑誌で見た雑貨屋さんにでも行ってみようかと回り道
雑貨屋さんはお休みだったけど
付近を見回し、ふ と気付く

「この辺にも、ヘルパー派遣する事業所があったはず☆」

看板を探して てくてく歩くと
ちんちん電車の駅前の ドラッグストアーの2Fに発見
階段を上ってみる
ん? リサイクル屋さん??
奥に 事業所のちっこい看板を発見

そこのNPOは
元々 精神障害者の共同作業所とリサイクルショップをしてたんだって
で、その後 居宅介護サービスと移動支援もするようになったらしい

所長とサービス提供責任者の人が二人で話を聞いてくれた
精神障害への理解があるので、話が通じやすい
しかもタイミングが良い事に
明後日、ヘルパーの研修で
アスペルガー症候群の話をする予定だという
ヘルパーの主要メンバー(?)が集まるので
その時に kururu んちの募集もしてくれるって☆

研修の内容次第だと思う
うまく理解が進めば 引き受けてくれる人も出てくるかもしれない
気性の荒い障害だと誤解されると ちょっと難しいかも

どんな話をするのか分かんないけど
いい人が見つかるといいな〜
明後日(25日)研修後に回答が来る予定
ラベル:ヘルパー 自閉症

2010年02月22日

ヘルパー派遣元探し(1軒目)

そんな訳で
ヘルパーの派遣元を
とりあえず自力で探す事にした

役所から
居宅介護の事業所一覧表が届いたんだけど
「随分ボリュームがあるな〜」と思ったら(1,000軒近く!)
区内だけじゃなく、都内全域の事業所まで載ってた
しかも、並び順がばらばら。。。
身体介護専門のところも多数

障害者に送るものなんだし
kururu が事務仕事が苦手な事も知ってるんだから
せめてソートして送って欲しかった (×_×)
あるいは
精神障害者の家事援助をしているところを
ピックアップしてくれるとか・・・
なんで その程度の事が出来ないのかが不思議

で、分厚いリストを前に
ちょっと途方に暮れていたんだけど
今日、近所を歩いていたら
偶然、『社会福祉事業団』ってのの前を通りかかった
まだリストを見てなかったけど
ここもヘルパーの派遣をしてくれそうじゃない?
普段行かないにしても 事務所は近いに超した事は無いし♪
飛び込みで話を聞いてみた

突然の訪問にも丁寧に話を聞いてくれて
早速 人を探してくれることになった
数日で報告が来る予定
ただし、見つからなかった時の保険に
「他の事業所にも当たっておいて」とも言われた

後から思えば
老人の介護保険しかやってない所とか、身体介護だけの所とかも多いよね
そんな中、偶然 引き受けてくれそうなところでラッキーだった
(人が居ればの話だけどね)
これまで頼んでいたのは小さい事業所で
所属するヘルパーの人も少ないのか
代員の手配が出来なかったけど
ここ(今日行った所)は人も多そうだし
その点、安心して頼めるかな

分厚い事業所リストを手に途方に暮れていたけど
今日の件で『介護事業所の人は みんな優しいな〜」と感じ
他の事業所にあたってみる気力(勇気)も湧いてきた☆
明日もがんばろ〜 o(∩_∩)o
ラベル:ヘルパー 自閉症

2010年02月21日

ドラえもん「未来なんて、ちょっとしたはずみでどんどん変わるから」

今朝の朝日新聞
1面の天声人語で知ったんだけど

ドラえもんの台詞に
『未来なんて、ちょっとしたはずみでどんどん変わるから』
ってのがあるんだって☆

天声人語では
「作中では楽観を戒める言葉だが
 何事もあまり悲観することはないとも取れる」
と結んでいる

kururu も『悲観することはない』って意味だと思ったんだけど
どちらの意味でも含蓄が深いな〜
ドラえもん、すばらしい♪
ラベル:考える葦 本とか

2010年02月20日

土曜日の診療は追加料金 150円也

先日
ふ、と思い立って出掛けた皮膚科のお医者さん
偶然 土曜の午後に行った
思い立った時に受診出来て良かった♪

1週間後に来てね、と言われ
個人的に金曜は家事の日だし
日曜はお医者さんが休みだし
やっぱり2回目も土曜日(今日)に受診した

で、会計待ちの間に院内を見てたら
数ある掲示物の中に
『土曜の午後は追加料金がかかります』ってな張り紙を発見
厚生労働省が
カレンダー上の休日に診療するお医者さんを増やして
(↑土曜午後〜日曜と祝日かな?)
地域医療を拡充したいらしく
そういう日に診療する医療機関には
追加料金の徴収を認めて(勧めて)るらしい

なるほど 急患の時も助かるし
お勤めの人たちには
土日にやってるお医者さんが近所にあったら
ありがたいよね

けどさ
kururu は平日も自由になる訳で
しかも やっとこさ病院へ通える程度の貧困な訳で
わざわざ土曜に行く必要も無い
医師に訊いたら
「10日後くらいでも良い」というので
今度は平日に行く事にしたよ

本日土曜日 1,490円也(再診料、塗り薬代込み)
次回からは、1回1,340円の見込み
あと何回通うのかな〜
ラベル:医療
posted by kururu at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

障害者向け 就労支援 IT 講習、問い合わせ(その1)

区の広報紙で、
障害者向けのIT講習の募集を見つけた

区内の NPO がやってるの
障害者の在宅就労支援に IT 技術を教えてくれる
事務系コース、グラフィックコース、Webプログラミングコース、
などから選ぶ
週1回 ×2時間 × 半年 と、訓練時間が少ないので
補助的な業務に就く事を目指しているんだと思う
受講料 半年分で2万円也

kururu はこれまで
周囲の期待に応えようとして
自分に高いレベルを求め過ぎていたんだと思う
けどね
どんな知識や技術を身に付けても
電車通勤、フルタイムの勤務、進捗の管理、とかが出来ないと
ゼネラルな仕事で責任を果たすのは難しい
これまで幾度も、力不足で破綻を繰り返した

講習を主催する NPO に電話で問い合わせてみた
これまでの受講者たちは
一般企業に就職し、在宅勤務をしている人が多いんだって☆
例えば、
不動産会社に採用された人は
1日6時間くらいの在宅勤務で
イラストレーター(描画アプリケーションソフト)を使って
不動産広告用の間取図や案内図を作ったりしてるそうで

採用された当初からの在宅勤務って
どうもイメージが湧かなかったんだけど
そういう話を聞くと、なるほどそれなら出来そうだと思ったり

目指す勤務は在宅
そのための講習は週に1回で短時間
講習会場は バスで7~8分+徒歩10分
これなら無理なくいけるかも♪

そんな訳で
来月 説明会に行ってみる事にした
どんなかな〜
わくわく。。
つづく→
posted by kururu at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 目指せ! 優良納税者☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

水栽培のヒヤシンス咲いた♪

球根買うの 出遅れて
寒くなってから植えた(?)んだけど
すくすく育って
きれいに咲いた♪

真っ白ヒヤシンス
お部屋の中が春の香り
ラベル:園芸
posted by kururu at 14:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

寒空

冬だね〜
posted by kururu at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

お気遣いは 本来業務をこなしてからにして下さい

今日は 役所の不手際についての、まあ、愚痴です
割と最近(ここ1〜2年だったかな?)担当になった
ケースワーカーの人なんだけど

kururu んちへ長く来てくれていたヘルパーの人が辞めて
派遣元の会社から
「次のヘルパーが確保できないので、他の派遣元を探して下さい」
と言われてる

役所のケースワーカーに連絡したら
「次の派遣元を自力で探すか、どうするか?」と言う
が、「どうするか?」と言いつつ自分でどうにかさせたい様子なので
k「自力で探すにはどうすれば良いのか?
  出来ない場合は役所は何をしてくれるのか?」
と尋ねたら
その前に 役所の(隣の課の)保健師に相談しろと言う
何のために何を相談させたいのか訊いてみたけど要領を得ず。。。
けど、ヘルパー派遣に必要なら、と考え
特に相談したいこともないけど保健師に電話してみることにした

が、当然ながら、保健師の人は忙しく留守がちで
なかなか電話がつながらない
kururu の方も、極度に電話が苦手で
コンディションの良い時を選んで、かなりの覚悟を決めて電話をかけるので
2〜3日に1度くらいがやっと
保健師さんの在席時にあたるまで その負担を幾度も繰り返し
半月くらいかかって やっと今日 話が出来た

k「ケースワーカーの○○さんが
 保健師の□□さんに相談しろって言うのでご連絡したのですが・・・
 保健師さんって、何をしてくれる人なんでしょう?
 ケースワーカーの人は何を相談して欲しいのだと思いますか?」
という
あまりにも間抜けな相談を持ちかけ
まあ「困っている事は無いか?」とか訊いてくれたんだけど
医学的に対処するのが適切な事については医師に相談してるし
医師との関係も良好なので その点では特に困っていない
そんな話をして
保「何か困った事が出て来たら また連絡して下さいね」
なーんてお優しい言葉をいただきつつ
保健師さんとの話(相談?)は終了

で、ケースワーカーの人に
「保健師さんと話したよ〜」と報告
どんな話をしたか?と問われ、ありのままを説明したら
かなり不満げだったけど
役所の人のご機嫌を伺う必要も無いので、話を進める
k「それで、この相談とヘルパーの派遣は
  どういう関係にあるのですか?」
なんと、関係ないと言う

え!? なにそれ???
kururu が 電話が苦手だって話はさんざんしてるし
(精神障害者のコンディションへの気遣いは無いのか!?)
保健師さんがお忙しい事ぐらい分かるだろう
双方必要としていない相談を、双方に負担をかけてわざわざさせて
何の必要も理由も無いって???
そうこうする間に半月の時が過ぎ
現在のヘルパー派遣元が手を退(ひ)きたいと言っている期限は
今月末に迫っている

その事を問いただしたら
その人は もごもごと口ごもり
ケ「ヘルパーを派遣している事業所のリストを送るので自力で探して
  駄目だったらまた相談して」
と話を打ち切られてしまった(・・)ゞ

今の kururu に対して その部署が(ケースワーカーが)為すべき業務は
ヘルパーの派遣が途切れないようにする事だ
半月前、この件で初めに連絡した時点で
リストを送ってくれれば良かったんじゃない?
保健師への相談を勧めてくれたのは善意だったのだろうけど
そう云ったお気遣いは
本来業務を滞り無くこなしてからにして欲しい

今月中に
ヘルパーさん見つかるかな〜
ラベル:社会保障

2010年02月16日

小鳥さんたち、コマツナ好き?

kururu のベランダ畑に
お食事のあと (∩_∩)
posted by kururu at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

漢方で全身まるっと診てもらって、さて、幾らでしょう?

ちなみにここんち(漢方専門の診療所)
kururu の場合、診察料 1回570円也
薬局では
煎じ薬4週間分で 1,500円前後
(どちらも健康保険で3割負担)

アトピー性皮膚炎、胃腸障害、月経困難症、頭痛、肩こり、乗り物酔い、
その他諸々の不調を1か所で解消出来て(何種もの薬を飲まずに済んで)
1カ月あたり2,000円ちょっと、と思えば
まあ、安いかな

自分で煎じる薬(生薬)じゃなくて
一般的なエキス剤(製薬会社が煎じて顆粒状にしといてくれたやつ)だと
もうちょっと安いかも
ラベル:医療
posted by kururu at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっとこさの漢方屋さん

先々週からの懸案事項
漢方のお医者さんへ行けました

本当は今日も危なかった (^_^;)
乳腺科のお医者さんが済んで
漢方屋さんにも間に合いそうだったので
バスに乗ってそちらに向かったんだけど
あいにくの雨降り
道が混んでてなかなか進まない
「うっかりしたな〜 (・・)ゞ 電車にすれば良かった」
などと心配したけど
なんとか診療時間内に間に合いました♪
posted by kururu at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乳癌検診 異常なし♪

乳癌検診の続き
先日のマンモグラフィーに続き
今日はエコー(超音波)検査と結果の説明

エコー検査は痛くも痒くもなく
リアルタイムでパソコン画面を見ながら
「ここが皮膚、これが筋肉でこの白いのが乳腺」
などと説明してくれる
乳腺が太いと言われたので
「太いことで何かいいことはありますか?」
と尋ねたら
「ありません。胸に張りがあるくらいです」だって (∩_∩;)ゞ
乳腺炎になりやすかったり、癌が出来やすかったり
どちらかというと良くないことがあるそうで

で、結果は
「問題ありません、マンモグラフィーも超音波も異常なしです」
とのことで 一安心 (゜▽゜)

区の検診(費用の補助がある)は2年に一度だけど
毎年の検診を勧められ(区の補助が無い年はたぶん自費)
そういえば
今日のエコー検査も
勧められるままに受けたけど 区の補助は無く健康保険で3割負担だし
ちょっとお財布が痛い
「またまた商売上手だな〜」と思いつつも
プロがせっかく勧めてくれてることなので従うことにする

来年の予約をして 今年の検診は終了
エコー検査は健康保険で3割負担
本日、自己負担金 1,870円也(初・再診料(どっちだろ?)込み)

「来年のことなんて忘れそう・・・」と思っていたら
予約日が近くなったら お知らせはがきをくれるんだって☆
気が利くな〜
ラベル:医療
posted by kururu at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

やっとこさ、納得の皮膚科を見つけたよ

→つづき
実は皮膚科は
5年程前に探してみたことがある

近所の駅前のところは、
込んでる上に、医師の診療態度に疑問がアリ
挨拶 とか、患者の話を聞く とか、他人に嫌な思いをさせない とか、
相手の知識量を推し量り 適切な説明をする とか、
そういう人並みの対人スキルが備わってなかった
ついでに
説明は看護士(?)が通り一遍のことを棒読み
(その人は患者からの質問には答えられず、医療知識に疑問あり)
処置も看護士任せ
1回で止めた

そこから徒歩数分の商店街のところは
皮膚科と書いてあるけど、本当は整形外科のおまけらしく
プロとは思えないような治療行為をしていた
同時にかかった彼は
数センチの切開にメスすら使わず持っていた注射針でえぐられ
背中に大きな傷跡を作られてしまった
感染症なども心配で
身の危険を感じたので行くのを止めた

雑誌などにも出る、女心の分かってそうな女医さんへ
隣の駅まで行ってみたりもしたんだけど
マスコミパワーか あまりの人気に待ち時間が2時間越え!!
並んだベッドはカーテンで仕切られただけ
その間を流れ作業のように医師が巡回して一瞥するだけ
説明は看護士が文書を渡すだけ、処置も看護士任せ
他の患者に丸聞こえでプライバシーもへったくれも無い
そうかと思うと
商売っ気があり、頼んでない事にまでフルコースの処置を奨められる
(金銭と時間と通う労力の都合で断ったけど)
疲れるので いつしか足が遠のいた

そうこうしてる内に面倒くさくなってしまい
しばらく放置してたんだけど

昨年、家のごく近所に新しい皮膚科が出来た
人通りも無い静かな住宅街の真ん中なのに
いつも患者が居る
ここは期待出来るんじゃない?と思って門を叩く

こざっぱりとして 落ち着いた院内
予約制なので待ち合いも込んでなくて静か
待ち時間も短い
先生は一人、今どきの医師らしく礼儀正しく
ゆっくりと丁寧な診療、分りやすい説明
説明も処置も人任せにせず 時間と労を惜しまず
治療法の選択肢を示し、患者の意志を酌む
こういう、ふつーのお医者さんを探してたんだよ♪

これまで、患者への態度が不遜、とか
待たされる患者の負担を考えない、とか
そもそも、その治療は無いでしょう、とか
そんな医師にばかり当たって来た
年配の医師とか、古い診療所とかにこういうところが多い
それでも食って行けるので甘えているのだろう
患者の意識、時代の意識に付いて来れていないんだよね

駅前など店賃(たなちん)が高そうなところでは
経済効率重視で流れ作業で数だけこなすような
診療が雑な医院が時々ある
そんな人には安心して任せられない

そんな中
やっとこさ、納得の皮膚科を見つけて一安心
ラベル:医療
posted by kururu at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

はじめての皮膚科に行ってみた

ここ数年、極度の貧乏生活で
病院にも行けなかったの
歯医者さんも、皮膚科も、健康診断も
あれもこれも先延ばしにして来た

ここに来て
やっとこさ、普通の生活が出来るようになったので
(いや、臨時収入に助けられているだけで
 根本解決した訳じゃないんですけどね)
近所に出来た皮膚科に行ってみた

長年放置していたイボを治療

ついでにアトピー性皮膚炎の相談もする
ここ数カ月消えない手の炎症(拳の辺り)に
ステロイド軟膏を試してみることにした
これまで飲んで来た漢方薬は続けて
皮膚科では飲み薬は出さないで軟膏だけって事にした

ずっと気にかかっていたイボの治療に取りかかれて
ちょっとほっとする
本日初診、健康保険3割負担で1,930円也(初診料、塗り薬代込み)
週1ペースでしばらく通う予定
毎週2,000円弱と考えるとちょっとキツイな〜(再診は少し安いかも)
つづく→
posted by kururu at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。