2010年01月26日

手放す事で“今”の自分に意識を集中させる

最近出合った言葉から
思い入れがあって捨てられないのは
過去の自分にとらわれているから
いつか使うから捨てられないのは
未来の自分に過度な期待をしているから
それをすっぱりと捨てることで
“今”の自分に意識を集中させることができます
役目の終わったものを手放すと、いい「循環」が生まれる
使い切っていなくても、ボロボロになっていなくても、
「自分が使わなくなった」のは、捨てるサイン。

そーなんだよね〜
言われると分かるんだけど
「すっぱりと捨てる」って なかなか・・・

> すっぱりと捨てることで“今”の自分に意識を集中

なるほどね〜
うんうん・・・(∪_∪)

この本↓
読み始めたら
「あれ? お片づけの本じゃなかったの?」ってかんじたんだけど
あらあら不思議☆
不思議と片づけをしたくなる
読み終わるのももどかしく、片づけをはじめてしまう本だよ
ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門
カレン・キングストン (著), 田村 明子 (翻訳)


こっちは理論派↓
諸々の 既存の整理術についての考察から
独自の理論へ結ぶ流れは見事☆
「挫折しない」ことにフォーカスしてるのもいいね
「挫折しない整理」の極意』松岡 英輔 (著)


もはや古典とも呼べる↓
捨てられない人 必読☆!
これを読むのと読まないのとでは
世界の見え方が違ってくるよ
「捨てる!」技術』辰巳 渚 (著)


ラベル:本とか

昨日はよく頑張ったので o(∩_∩)o

本日お疲れ休み
(∪o∪) 。z z Z

Bed に入って ご本を読んだり
そのまま すーっと寝入ったり
posted by kururu at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。