2010年01月17日

本当の『障害の理解』ってさー

さっきの サンスターのページで
「自閉症を理解するための鍵」として
・社会性の発達の違い
・コミュニケーションの発達の違い
・想像することの困難性
・感覚の感じ方や注意の向け方の違い

「違い」「困難」という言葉を使っている

うんうん、そうなんだよね
社会生活に困難があるから「障害」と呼ばれるけど
自閉症の本質って「違い」と「困難(不得手)」なんだ
「遅い」「出来ない」「低い」「抵抗」「こだわり」「へん!」
などと言われがちだけど
それは多数派のエゴだ

自閉症に限らず
「障害者への理解」って
そう(「違い」と「困難(不得手)」であると)
気付くことなんじゃないかな

障害と私たちの社会 (子どものためのバリアフリーブック―障害を知る本)


ラベル:自閉症 本とか
posted by kururu at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。