2010年01月07日

法が『自立』を妨げる

つづき→)
そもそもが、障害者への福祉サービスに
家族の所得まで持ち出すのがおかしいと思う
障害者の『自立』を保証するって、国が、世界が決めたのに
法の細かい部分が「家族に頼れ」と言う
家族の誰かが別の家族の負担になっている状態では
精神的に対等な関係は維持しにくい
家族と暮らしたかったら肩身の狭い思いを受け入れろ、とでも言うのか

健康な人でも 家族との葛藤を抱えることがある
親子関係がうまく行かないことも多いし
夫婦がギクシャクすることもあるだろう
障害があれば尚更のこと

もちろん
「障害のお陰で家族の絆が深まった」と云う場合もあるだろうが
それは
「世間の同情を得やすい障害」かつ「全面的な庇護が必要な状態」
で起こりやすいことなのであって
「世間の理解を得にくい障害」で「障害者が精神の自立を志した場合」には
どうだろう?
親の庇護から飛び立つには葛藤がつきものだ

『障害者の自立』ってなんだと思う?
kururu は
『精神の自立』『自己選択、自己決定の保障』『対等な人間関係』
などだと思うんだけど
これらは
確立するのに膨大なエネルギーが要る上に
あっさり崩れやすい
家族の誰かが別の家族の負担になっている状態では
精神的に対等な関係は維持しにくいのだ

国として『障害者の自立』を保証すると決めた以上
『法』が『自立』を妨げてはいけない
けど、現状は
法の細かい部分が「家族に頼れ」と言う
家族の誰かが別の家族の負担になっている状態では
精神的に対等な関係は維持しにくい

厚労相はじめ、国会の皆さんには
法の精神を根本から再考して欲しい

障害と私たちの社会 (子どものためのバリアフリーブック―障害を知る本)


課税証明と診断書ミスでまたまた出直し

自閉症 kururu は
いろいろと 公共サービスの世話になっている
で、公共サービスには『申請』がつきもの

けどね
コンディションが悪いと 事務仕事がなかなか出来ない
一度悪くなると 数年単位で落ちてたりするので
申請手続きも 数年間も滞ることになったり (×_×)

で、
やっとこさ動けるようになった今日この頃
昨年末から諸々の申請手続きを進めているんだけど
お役所の仕組みが複雑過ぎて コトがなかなか治まらない
区庁舎内を、あっちへ行ったりこっちへ行ったり

例えば、福祉サービスに必須の課税証明書
1Fで「2Fの申請が済んでから」と教えてもらって
2Fで申請を済ませ1Fへ行ったら
「今度はこっちの申請をしてこい」と2Fへ送られ
2Fで「この書類、先日(先月)も見せたじゃん」と苦情を言っても埒があかず
やっとこさ済んで1Fへ行こうとしたら
証明書は即日には出ないと言う

「先月 書類を見せた時に、なんで役所内の手続きを進めといてくれないんだよ〜」
と思うのは素人考え
役所は「言われたこと」以外はしちゃいけないんですよね
知ってますよ
「これもお願いします」って念押ししなかった kururu が悪い
あ〜、疲れる

気を取り直して、証明書のいらない年金の申請に 隣の建物へ行く
役所の人「診断書の日付けが間違っています」
あ、ほんとだ
医師が間違えたらしい
医師に診断書の用紙を渡す時に、赤字で注意書きを付けといたんだけど
見落としたか?
こっちも本日未完

何も完遂できぬまま 本日帰宅
よろよろ・・ 〜(×_× 〜)
続きはまた来週
ラベル:自閉症
posted by kururu at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「辛気くさい」

関東ではあまり使わないようなので 方言だと思うんだけど
「辛気くさい(しんきくさい)」って言葉、みなさん 使う?
kururu は、母が使っていたので認識はしてるけど
自発的にはあまり使わない
(母は東北人、 kururu は関東人)

辞書やインターネットで調べてみた
意外と多くの地域で使われているんだ〜
ん? kururu の思ってたのと違う意味がある☆!?
どうやら、地方によって意味(使い方)が4系統あるらしい↓

1:「心がはればれしないようす。」(北海道、東北、中国、四国地方、など)
  空気が暗く沈んでいる状態、重苦しい、さえない、
  (雰囲気として)ジメジメしている、鬱陶しい、めいってしまう
  【例文】「しんき臭いね〜(共感)」「しんき臭い顔するな(励まし)」

2:「けだるい」動作が鈍い、待ち遠しい、遅い、

3:「思うようにならないで、もどかしい、じれったい。うっとうしい。」
  【例文】(針に糸が通らない時などに)「あー、辛気くさい!」

4:何か心に引っかかるものが有って、いやでたまらない。(関西)
  興味が湧かない、そんな気分じゃない、おもしろくない(主に京都)
  【例文】「あの人、しんきくさい人やなあ」

うーん、むずかしい。。。
力技で4つをまとめて言い表すなら
「なんとなくビンボウくさく、チマチマして、気分が上がらない」
って感じでしょうか?

kururu の母が使っていたのは、たぶん1
(2、3、辺りも混ざってたかも)
けど、例文のような 相手を気遣う気分ではなく
「あ"ー!、あんたはもう!! 辛気くさいんだから!!!」と
主に相手( kururu )を責め立てる使い方をしていた

いや、もしかしたら
kururu は1だと思ってたけど
母は 3、4、辺りの意味で使ってたのかも
どっちにしても
母のマイナス感情は ちゃんと伝わりました

4は 結構 意地が悪い印象だね
他の意味で言ったのに 4の意味に取られたりしたら
いじわるを言ってるって誤解を与えてしまうかも
逆に
他の意味で言われたと思ってたら4の意味だった、なんて事になったら
「嫌みも通じない鈍い奴」なんて思われるかも

違う地方出身の人と話す時には注意が要るね
難しいので、
これまで通り kururu は使用しないことに決めました
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。