2009年12月04日

「そうねそうよね」

そんなこんなのつづき

他者の発言に対して
「へ? なになに??」
と、相手の本意の確認作業が出来たとしよう
(確認作業をしたからといって
 相手の本心が分かるかどうかはその時次第だけど
 日常会話では、まあ それ以上のフォローをしてあげる必要はないと思う
 「わかった」と仮定して話を先に進めればいいと思うよ)

さて、その次の受け答えをどうするか
自分と同意見であるかどうかは後で話せば良いので
まずは
「あなたの言う事(気持ち)はちゃんと聞いて理解しました」
という状況(情報)を伝える必要がある
この『状況(情報)を伝える』っての、ついつい省きがちだけど
コミュニケーションの骨格をなす大事なところだよね

「うん」とか「はい」とかだけでは(間違いではないけれど)不十分
もっと積極的な言葉を選ばないと状況(気持ち)は通じない
それじゃあ、どうすれば?

そんな時の万能フレーズ
「そうね(そうだね)」
と言ってみよう♪
自分と相手の 年齢、性別、キャラクター、等に合わせて
「そうですね」でも「うん、そうだね」でも「そうねそうね」でもOK
kururu の場合だと「そうねそうよね」ってのがわりとしっくり来る

「同意はしてないけど、あなたの気持ちは分かりました」
ってなニュアンスを強調したいなら
「なるほど」とか「そう思うのですね」とかって言うのもいいと思う

「そうね(そうだね)」と
試しに言ってみて☆!


ラベル:自閉症
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。