2009年11月15日

「『障害者』自立支援法」では無かったっけ?

役所から連絡があり
kururu の 障害者自立支援法の認定の更新時期だという

けどさ
kururu 、ここ数年書類仕事が出来なくなってて
何の手続きもしてなかった
そしたら
役所の人が代わりにあれこれしてくれるという
助かるな〜

でね、
医師の意見書を取るために
役所が病院へ連絡したところ
「 kururu さんは受診していないので」と断られたという
ここんとこ調子が出なくて
病院の予約をしてはキャンセル、を繰り返していた
薬の予備が2カ月分 手元に有ったので
その点 支障はなかったんだけど
こんなこと(自立支援法)で支障が出るとは・・・まいった。。

ってかさー
そもそもが「『障害者』自立支援法」なのであって
「『病人』自立支援法」とか
「『患者』自立支援法」とかではないのに
何故に医師の意見書が必要なのか?
何故に受診期間が空いたら意見書を書けないのか?

発達障害が精神障害として扱われている以上
仕方が無いのかな〜
とっとと法整備を進めてほしい


ラベル:自閉症 社会保障
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。