2009年03月12日

『14歳 (MouRa)』千原 ジュニア (著)

お笑い芸人の人気者の自伝的小説だそうで
いや、
本は読んでないんだけどね
TVで2時間ドラマになってた

14歳 (MouRa)』千原 ジュニア (著)
人生最悪の14歳。
それでも彼の答えに“死”はナイ。
引きこもり少年は"自分探し"の旅に出た。

TV見て泣いたよ〜
こういう思いは
分かる人と分かんない人がいるだろけど

kururu も同じ様な思いを抱えていた
けど 引きこもった事はない
そこまで考える力がなかったんだ
叫んだ事も
壁をぶち抜いた事もない
そこまで強くなかったんだ

みんなとおんなじである事が偉いのか
毎日学校へ行く事がそんなに大事か
日本人よ、ちょっと立ち止まって考えようよ

この著者の様な人気者が世に問いかけることの意味は大きい


ラベル:教育 本とか
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。