2008年11月18日

彼の家出に際しても ただでは起きないワタクシ

うちの彼、結婚当初から
何かと云うと
「俺のくつろぐ場所がない」
と こぼしていた
「 kururu の荷物が多すぎ」「俺の物は多くない」
「俺の部屋がないし、ここんちは kururu の家だ」
「部屋が片付かないのは俺のせいではない」

けど、現実を見れば
一方的にそうって訳じゃない
確かに kururu の荷物は多いけど 彼の荷物も相当あるし
『彼の部屋』はないけど『 kururu の部屋』もないし
まぎれもなく『二人の家』だ 
そもそも
自分達の経済力にしては分不相応なくらい
大きな立派な家に住んでるのよ

自分の持ち物がかなりの量である自覚がない上に
彼の頭の中では
『自分の衣類』『自分の本やCD』『自分の楽器や機材』『自分の仕事道具』以外は
全て kururu のもので家が埋まっている事になってるらしかった

現代日本でふつーの生活をしたければ
冷蔵庫も洗濯機も食器棚も 調理器具や食器類も
テーブルや椅子も TVも音響機器も
タオル類も石けんもシャンプーも Bedも布団もシーツも枕も
そんでもって客布団も
トイレットペーパーもティッシュペーパーも
薬箱もお裁縫箱も大工道具も 蚊取り線香もストーブも加湿器も
防災グッズも消火器も
新聞も古新聞も くずかごも廃資源分別用の場所も
洗濯物干しもハンガーも 洗濯バサミも粉石けんも
その他諸々 家に置かなくちゃなのですよ

でもね、、そーいう自覚がない
生活にどれだけお金がかかるのかの自覚がないように
生活にどれだけの物と場所が要るのかの自覚もない

で、2年前
彼の家出の荷造りのときに
妻は ふっ と思い付いた
「この機会に彼に自覚させてみよう」

彼の考える『自分の物』だけでもかなりの量があるってこと
誰と暮らそうと『生活に必要なもの』の量は さほど変わりがないってこと
自分の経済力で借りられる住まいの現実を肌身に沁みさせること

彼が思う『彼のもの』を全部持って行かせよう
それと、彼の気に入って買った『生活に必要なもの』や
彼のために買った『生活に必要なもの』も
全部持って行かせよう

彼がもたもたしている間に
妻はどんどん荷造りをする
押し入れの奥底にあるものも、物置きに眠っているものも
彼が彼女に見せたくない恥ずかしい(?)過去も
どんどん 箱につめて玄関へ積み上げる

妻が泣き暮らしている間に
自分達は
新しくて小綺麗な物だけに囲まれて暮らしたいなんて
手もとに置いておきたい『好きなもの』だけに囲まれて暮らしたいなんて
すっきり片付いた広々とした部屋で暮らしたいなんて
そんな事、させるわけないでしょ!

彼、自分の荷物の量に絶句してた
kururu 、
鬱病の坂を転げ落ちてる最中だったけど
内心「やったぜ!」って思ったよ
この家への謂われ無き批判を 一つでも晴らしたかったんだ
彼が帰ってきてからの彼の気持ちにも
少なからぬ影響を及ぼしたんじゃないかな

転んでもただでは起きないのですよ
『自分達夫婦の今後のため』と思えばがんばれる
妻は強し o(∩_∩)o


posted by kururu at 17:58| Comment(5) | TrackBack(0) | 愛してるとか 好きだとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっと 別宅を引き払うと

彼が動き出しました
実はまだ 彼女が居座っていて
部屋を借り続けていたのだ

うちの彼、むっちゃ打たれ弱い奴で
相手から ちょっとでもキツイこと言われそうになると
亀のように引っ込んじゃうらしい...(・_・;)
人間関係のスキル、というか 交渉能力、というか 批判に耐える覚悟、というか
そーいうのが 弱っちいんだよね
で、別宅を引き払えずに
ずるずるとここまで来てしまったって訳
本当は 彼に自分の力でケリを付けて欲しかったけど
そもそもが
自分の処理能力を超えた事をしでかしたってことだし
誰かが手を貸さなくちゃ収拾が付かないのね

そこで妻は考えた
損得で動く相手には
「居座り続けるのは損だ」と気付かせれば
事が前に進むんでしょ
そう仕向ければいいんじゃん
kururu 、こう見えても(?)
心理学とか法律とか 世間の人より強いんだ

で、やっとこさ 話がまとまったって訳
今週は 彼の荷物の受け入れ準備
粛々とお片付けをするのみ
posted by kururu at 15:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 愛してるとか 好きだとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。