2008年11月12日

情報の視覚化に『手帳』をフル活用しよう☆(その2)

そんな訳で、 kururu の手帳の条件は
1、文字に頼らず 予定を認識しやすい『バーチカルタイプ』
  (『佐々木かをりの手帳術』参照↓)
2、あれこれ書き込めて、無くしても見つけやすいように
  あまり小さくないもの

普通の『見開き1週間』の手帳って
1週間の日付けが縦に並んでて、1日分のスペースが横長でしょ
それだと、14:00 と 14:30 と 17:00 に予定が入ってるなんて時
書き込みにくいし、パッと見て認識しづらくない?
『バーチカルタイプ』ってのは
日付けが横に並んでて
1日分のスペースが縦長で、時刻が縦に流れるの(朝が上、夜が下)
手帳 バーチカル.jpg
これだと
14:00 と 14:30 と 17:00 の予定も無理なく書き込めるし
ページのどこに書いてあるかで
パッと見て 何曜日のどの時間帯の予定なのかが一目で分かるよ☆

kururu のお奨め手帳は
・バーチカルタイプ
・すべての曜日が同じ大きさの枠
・朝7時〜夜24時 書き込みが出来るもの

手帳術、とか、時間管理術、とか
そーいう本を何冊も読んで 一番役に立ったのがこれ↓
待ち合わせに間に合わない人!
予定をすっかり忘れてたことがある人!
ダブルブッキングをしちゃったことのある人!
いつも時間が足りない人!
ぜひぜひ読んでみて!

『佐々木かをりの手帳術』佐々木 かをり
シンプルでわかりやすい行動管理の方法
「自分の時間の一元管理」とか「予定を組むときの優先順位」とか
「手帳はバーチカルタイプ」とか「手帳に何をどう書き込むか」とか
「『To Do リスト』をどうするか」とか


ラベル:自閉症

情報の視覚化に『手帳』をフル活用しよう☆(その1)

以前、PC(作表)で情報を視覚化って書いたけど
普段こまめに活用してるのは
PC よりも手書き
ちょこちょことメモしたり 予定は手帳に書き込んだり

けど
以前はメモ用紙に書いては無くしちゃって
役に立たないことがしばしばだったの ←\ ( ̄▽ ̄) おい!
それに、文字が苦手な kururu は
だらだらと文字だけ書くメモは どうも認識しづらい

無くさないように大きい紙に書いたり
お財布に貼付けたり
何色かでイラスト入りで描いたり と
あれこれ工夫をしてみたんだけど どうにも不都合で・・・

そんな 自閉症 kururu が 諸々試してたどり着いたのは
『何でも手帳に書く』作戦☆
パッとひらめいたアイディアでも
買い物メモでも、日記調の覚え書きでも
何でも手帳に、しかも、その日のページに書くことにしたの

ほとんど予定のない週もあるから
普通の手帳だと大きすぎるんだけど
無駄に大きい手帳を買った甲斐があったよ
だって
余ったスペースにメモを書き放題だし
見失っても 大きいからすぐに見つかるもん (^○^)v
ラベル:自閉症
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。