2008年11月30日

「返答のし様がないんですけど (・・;)ゞ」 ってな時の返答の仕方

ホームパーティーで鍋を囲む仲間たち
しゃぶしゃぶを野菜と巻いて食べる
一同和やかに談笑

これ、ミツカンのポン酢醤油『かおりの蔵』のCM
『「かおり巻きぶりしゃぶ」編』の一幕


ゲストの女性「見て! こんなに上手く卷けてますよ〜」
ホストの男性「完璧!」
一同「(笑)」

kururu 、これ見た時
「えぇ〜〜〜〜っっっっっっっ!?」って思った
確かに 食べ方の上手い下手 はあるだろう
それをあれこれ言い合いながら会話が弾むのも分かる
「おまえ、下手だな〜」とか「○○ちゃん、うまいね〜」とか
「みてみて!これ、上手く卷けたと思わない?」とかね

けどさ
「見て! こんなに上手く卷けてますよ〜」って、え?
「・・・ますよ〜」って言われましても。。。(・・;)
kururu 、
「ふーん」とか「ほんとうだ」とかしか思い付かんし
下手したら沈黙しちゃうかも (v_v). . 。

けど、このCMでは
この どうにも次の台詞に困っちゃう場面において
ホストの男性が機転で乗り切るの
現状が「どうにも困っちゃう状況」なんだから
状況を変えればいい
この人は『極端』に振れさせて笑いを取る
『極端』であれば
肯定でも否定でもどっち方向でも効果はあるだろうけど
この人はパーティーのホストだし 場を和ませる役割もあるだろう
ここでは「完璧!」と 超肯定の道を選び
先の発言者(女性ゲスト)の顔も立てつつ
その極端な発言で笑いを起こし場を保たす
すげ〜! 大人だね〜☆

kururu 、普段の会話で
このホストみたいな気の利いた返しを出来てないばかりか
この女性ゲストみたいな
「どう回答しろって言うのよ?」
って思われる発言をしちゃってるかも。。。(・・;)ゞ

これまた
「こういう気の利いた受け答えができたらいいなぁ」
なんて思っちゃう
精進しよ〜っと♪

関連記事:『「それは違うだろ!」ってな時の返答の仕方
タグ:自閉症

「それは違うだろ!」ってな時の返答の仕方

「いいじゃない♪」
バー(?)のカウンターで
松坂慶子が茶目っ気たっぷりに微笑む

これ、SoftBank の CM
『白戸家「ダイエット」篇』の一幕


マダム(松坂)「(写真)送っちゃお♪」
父(白い犬)「mail 代の無駄だ」
マ「いいじゃない♪
  ホワイトプランなら mail 代も無料なんだから」
父「まったく。」

kururu ね、これ見た時
「何かおかしくない?」(・ ・?)って思った

相手の言葉に同意しない時に発する
「いいじゃない」(あるいは「いいじゃん」など)という言い回しは
通常は
『論理的には相手の方が正しいけど 自分の言い分を通そうとする』様な時に
甘えを込めて使うと思うんだけど
ここでは『通信料はかからない』訳で、父(白い犬)の言うことは事実に反する
ってことは
マダム(松坂)は
もっとスパッと訂正するなり、ツッコミを入れるなりする方が自然なのではないか?

自閉ちゃん的には どうも腑に落ちないこの会話
けどね
たぶんこれ、日本の大人社会では正答なんだよ
確かに『会話(受け答え)の精度』という点ではおかしいんだけど
マダム(松坂)は
『間違えた』んじゃなくて『意識的に摺り替えた』んだと思う

もちろん
スパッと訂正してもいいんだけど
その場合『クールで物怖じしないキャラ』を打ち出すことになる
ツッコミを入れてもいいんだけど
その場合『ニヒルでオモロい人キャラ』を打ち出すことになる
どちらも
人の上下を気にする相手には体裁の悪い思いをさせてしまうし
『エレガント』でも『優しげ』でも『色っぽく』もなく
落ち着いた店の『癒しキャラ』の女主人にはふさわしくない

で、微妙な摺り替え(言い換え)を敢行☆
「いいじゃない♪」と微笑むことで『甘え』を表現して
「(あなたの言うことが間違ってる、って言うわけじゃないのよ)」
「(ちょっと甘えて いたずらしちゃお♪)」
ってな感じに話を曲げてるの
相手を否定せず 相手に体裁の悪い思いをさせず
相手を立てつつ 自分の印象もコントロールできちゃう!

言われた方は
「まったく。」なんて言って
「(相手の甘えを受け入れる心の広い俺)」ってなムードに浸りながら
会話の着地点としては
「(俺が相手の行動を許してあげた)」ってなことになる

マダム(松坂)としては
会話のムードを柔らかく保ち
自分の印象もコントロールして
相手にいい気分を味わってもらい
かつ、結局は自分のしたいこと(写真を送る)をしちゃってるの
すごいな〜 大人だな〜☆

こーいう会話、
日本人で『できた人』なら
あまり意識しないで自然にしてるのかもしれない
あ〜、
こういうマダム(や マスター)のいる店に通いつめちゃう人の気持ち
分かるな〜

自閉症 kururu には ちょっとハードルが高いけど
こういう気の利いた受け答えができたらいいなぁ
精進しよ〜っと♪

関連記事:
「返答のし様がないんですけど (・・;)ゞ」ってな時の返答の仕方
タグ:自閉症

2008年11月29日

『俺だって子供だ!』宮藤官九郎さん

朝日新聞社 2008年11月16日
『著者に会いたい
 俺だって子供だ! 宮藤官九郎さん

宮藤官九郎(くどう・かんくろう)さんが子育て?
親のあたふた、親ばかは古今、不変の姿だろうが、
そこは脚本・演出・映画監督・役者も兼ねる宮藤流エンターテインメントに

「忘れるのはもったいない」
「やばい、今、可愛さのピーク!!!」
「子供って、無邪気で可愛いだけじゃないのが面白いじゃないですか」

posted by kururu at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日からのアドベント☆

明日は朝から
クリスマスの飾り付けをしよう♪
わくわく。。

『世界一大きいアドベントカレンダー』とか
諸国のクリスマスとか
タグ:クリスマス
posted by kururu at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

ヘルパーの人が来てくれるから

調子が落ちてて
掃除 洗濯 何にもできなくても
「だいじょうぶ
 金曜日にはヘルパーの人が来てくれるもん」
って思えば
安心して過ごせるの
ありがたいことです
タグ:ヘルパー

2008年11月27日

Baby rush ・°`☆

20日ほど前に
にんげんの赤ちゃんが産まれた『そらとぶねこ』家で
http://junku.blog58.fc2.com/blog-entry-595.html

先月保護したばかりの あっちゃん が 赤ちゃんを産みました♪
http://junku.blog58.fc2.com/

かわい〜ね〜☆


『cat-jam』家でも 赤ちゃんが産まれたんだよ〜♪
http://cat-jam.seesaa.net/

ちっちゃかわい〜ね〜☆
posted by kururu at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぱっとしないながらも

夕方になると動き出せるってのは
やっぱり鬱なのね
タグ:
posted by kururu at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

自覚で乗り越えられること

昨夜
自身の鬱症状の悪化(?)に気付いて
明けて今日
ぼやけた頭で考える

当分は 朝夕の二人の食事の支度だけ出来れば良しとしよう
朝食は既にパターン化してるので問題なし
晩ごはんは
いつものペースで出来るとは思わないことにして
朝食後から
メニューを考えて できる事は前倒しですすめる
一汁一菜で最低限の栄養バランスが保てれば合格

これで 最低限の生活は維持できるとして(たぶん)
問題は精神面の落ち込み
さてさて
どうしたものでしょう?
タグ:
posted by kururu at 13:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鬱は続くよ どこまでも

この前の診察時(先々週)から
薬を減らしてみた

それまで
眠気が強すぎて生活に支障が出まくっていたので
眠気と関係する薬を減らしてみようって話になったの
医師としては
「そろそろ鬱病も回復してきてるんじゃなかろうか」
という読みもあってのことだろうけど

で、今日
ふと気が付いた
「ありゃ? なんか調子悪い?」

ここんとこ
強い眠気は出てないようなんだけど
(↑体調に波があるんで
 もうちょっと様子を見ないと何とも言えないんだけど)
どうも調子が落ちてる模様

・なんか ぱっとしない
・現実味が薄い
・何もしたくない(TVも新聞も見てないし)
・何かに包まって薄暗がりにいたい(不安?)
・っていうか、このまま無になりたい感じ
・一人で考えてもしょーもないようなことを思い煩う
・集中力がない
・軽い無力感
・体が痛い(背中とか)

実際は何してるかっていうと
Bed にもぐり込んで現実逃避しつつ
ひとり悶々と思い煩ってるんだけど
一つの事を思い詰めるほどの集中力もなく
考える事はまとまりがない

「このまま暗闇に同化して消えてしまいたい」
とか思うんだけど
能動的に自殺を思うほどの気概もなく
「このまま寝続けていられるわけもない」
って分かってるんだけど
体が動かない
やっとこさ起きて食事の支度をしようにも
何をどう作ればいいのかイメージできない

こうして書き出してみると
正しく鬱病だね (・・;)ゞ
その薬は
2週間くらいで影響が出てくるって言われてるから
この時期に調子が下がるのは
ある意味正しい
人間の脳みそって単純なのね

いつまで続くんだ? 鬱
タグ:
posted by kururu at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

寝てたら夜になっちゃった

今日は
そんなつもりじゃなかったんだけどな〜
posted by kururu at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

共存とは互いの在り方を尊重すること

さっき書いたコメントの続き

例えば
視覚障害者は
家の中の物の置き場をきっちり決めてる人が多い
見える人にとっては
はさみが1m違うところにあったって特に困りはしないけど
見えない人には10cm違う『だけ』で認識するのに苦労する
外出すれば、点字ブロックに物が乗ってる『だけ』で
命の危機にさらされることもある
白い杖をうっかり落としちゃったりしたら
生きた心地がしないことだろう
でも、他人から見れば『だけ』なんだよね
外界を認識するシステムが違うってこと
多数派には理解されにくい

自閉症の人も
外界(自分の外の世界)を認識して情報を処理する方法が
非自閉症者とは随分違うらしい
けど この世の中は
多数派である非自閉症者に認識しやすいように作られているから
自閉症者にはどうしても認識しづらく
『明瞭に認識できない混沌とした世界』に生きている
訳の分からん世の中で不安な日々を過ごしているので
自分にとって理解しやすい秩序が見えると安心する
(そう、『理解』を試みているのです)
視覚障害者にとっての白い杖みたいなものかな
例えば
先が読めない状況が苦手で 予定どおりを好む、とか
物が整然と並んでいると落ち着く、とか
言葉の意味を重要視する、とか

非自閉症者にとっては
「どうでもいいこと」「ささいなこと」と見えても
自閉症者にとっては
この世の秩序が崩れるか否かの大問題
それが脅かされようものなら
そりゃ〜、血相変えちゃうよ、って思う

自閉症者の『マイルール』は 視覚障害者の『白い杖』
ここ数年で 自閉症者への理解はずいぶん進んで
小さい人たちには、ソーシャルスキルトレーニングとかなんとか
便利で 使い勝手が良くて 非自閉症者とも円滑にやっていけそうな『杖』を
あれこれ教えてくれてるようだけど
今 成人している世代、特に高機能者(自閉症者の中の知的障害がない人)は
既存の便利な『杖』に出会えずに
一人一人が 試行錯誤の上で やっと手にした『杖』を頼りに
この世を生きている
不器用で不格好に見えるかもしれないけど
それしか持ってないんだもん

共存とは互いの在り方を尊重すること
多くの自閉症者が非自閉症者の理解に努めているように
多くの人たちが
自閉ちゃんたちの不安な気持ちを少しでも分かってくれたらうれしい

これも読んで☆↓
2007年08月19日
慮る(おもんぱかる)
タグ:自閉症
posted by kururu at 23:15| Comment(12) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうも 今日は

ぱっとしないな〜
posted by kururu at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

地元密着(?)映画館

ちんちん電車で終着駅へ
マンションの2階の小さな映画館
よそで上映が終わった作品が
ちょっとの時間差でやってくる
大興行大ヒットの映画も
都心で単館上映した映画も
同じように上映されるの

昨日はレイトショーで『チェブラーシカ』を観た
夏に観そびれてがっかりしてたら
冬になってやってきた・°`☆

夏前には『earth』を観たし
来月は『Factory Girl
それから『マルタのやさしい刺繍』も来るらしい

小さくて、込んでなくて、こざっぱりしてて
スタッフのみなさんも穏やかで
ほんと、きもちのいい映画館なの
よそで
「しまった!観そびれた〜 オーノー!(ノ_・。) 」
ってな時も
「来るかな来るかな??」って待ってれば
kururu の好きそうな映画は大概やって来る♪
しょっちゅう「しまった!」な kururu には
とてもうれしい映画館
posted by kururu at 18:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

休日らしい休日

今日は彼と映画に行くの〜♪
posted by kururu at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛してるとか 好きだとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

テレビっ子ちゃん σ(^○^)

今日は
2つもTV番組を観ちゃった (∩_∩)v
posted by kururu at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

やっとこさの秋の植え付け

10月に
「春に咲く苗と球根を植えよう♪」って思って
夏から継続稼働中のコンテナに
バラの挿し木と 球根をちょこっと植えた

「残りの球根は草花の苗を買ってきてからね」
って思いつつ もたもたしてて
お買い物に行けたのは11月に入ってから
その後も
お天気がいまいち、とか
夕方になっちゃった、とか
寒い、とか
なんとか言って 延ばし延ばし。。。

けど、11月も下旬に入っちゃって
さすがに これ以上寒くなってからじゃかわいそう
10月に植えた球根なんて
とっくに芽が出て にょきにょき伸びてるし
こうやって もたもたと取りかかれずにいるのは
正しく『自閉ちゃん』っぽいかも (・・;)ゞ

今日、やっとこさ覚悟を決めて
寒いけど、夕方だけど、植え付けをした
まあるい浅めのボウルに春の素をぎっしり詰めて
春のコンテナが2つ完成☆
出遅れちゃったけど
元気に育てよ〜 "・*・ ; ・\(*^▽^*)/・ ; ・*・"
タグ:自閉症 園芸
posted by kururu at 18:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

整列〜♪

夕方の図書館
人気が途切れたひととき
頼まれもしないのに
黙々と蔵書を整頓している自分に気付く (・・;)ゞ

そーいえば
バーゲンセールとか行っても
自分の欲しいものを探していたはずが
いつの間にか
ワゴンの商品を
せっせと畳んで並べてたりするもんな〜 ←\ ( ̄▽ ̄) おい!

なんか、自然にしちゃうんだよね〜
で、没頭しちゃうの
正しく『自閉ちゃん』な行動に
自分で気付いて ちょっと驚く
タグ:自閉症
posted by kururu at 00:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

「やったぜ!」な映画

そーいえば
先日の『マルタのやさしい刺繍』は
ほんわか気分になるお話で
しかも終盤で
内心「やったぜ!」って思ったよ
posted by kururu at 13:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

彼の家出に際しても ただでは起きないワタクシ

うちの彼、結婚当初から
何かと云うと
「俺のくつろぐ場所がない」
と こぼしていた
「 kururu の荷物が多すぎ」「俺の物は多くない」
「俺の部屋がないし、ここんちは kururu の家だ」
「部屋が片付かないのは俺のせいではない」

けど、現実を見れば
一方的にそうって訳じゃない
確かに kururu の荷物は多いけど 彼の荷物も相当あるし
『彼の部屋』はないけど『 kururu の部屋』もないし
まぎれもなく『二人の家』だ 
そもそも
自分達の経済力にしては分不相応なくらい
大きな立派な家に住んでるのよ

自分の持ち物がかなりの量である自覚がない上に
彼の頭の中では
『自分の衣類』『自分の本やCD』『自分の楽器や機材』『自分の仕事道具』以外は
全て kururu のもので家が埋まっている事になってるらしかった

現代日本でふつーの生活をしたければ
冷蔵庫も洗濯機も食器棚も 調理器具や食器類も
テーブルや椅子も TVも音響機器も
タオル類も石けんもシャンプーも Bedも布団もシーツも枕も
そんでもって客布団も
トイレットペーパーもティッシュペーパーも
薬箱もお裁縫箱も大工道具も 蚊取り線香もストーブも加湿器も
防災グッズも消火器も
新聞も古新聞も くずかごも廃資源分別用の場所も
洗濯物干しもハンガーも 洗濯バサミも粉石けんも
その他諸々 家に置かなくちゃなのですよ

でもね、、そーいう自覚がない
生活にどれだけお金がかかるのかの自覚がないように
生活にどれだけの物と場所が要るのかの自覚もない

で、2年前
彼の家出の荷造りのときに
妻は ふっ と思い付いた
「この機会に彼に自覚させてみよう」

彼の考える『自分の物』だけでもかなりの量があるってこと
誰と暮らそうと『生活に必要なもの』の量は さほど変わりがないってこと
自分の経済力で借りられる住まいの現実を肌身に沁みさせること

彼が思う『彼のもの』を全部持って行かせよう
それと、彼の気に入って買った『生活に必要なもの』や
彼のために買った『生活に必要なもの』も
全部持って行かせよう

彼がもたもたしている間に
妻はどんどん荷造りをする
押し入れの奥底にあるものも、物置きに眠っているものも
彼が彼女に見せたくない恥ずかしい(?)過去も
どんどん 箱につめて玄関へ積み上げる

妻が泣き暮らしている間に
自分達は
新しくて小綺麗な物だけに囲まれて暮らしたいなんて
手もとに置いておきたい『好きなもの』だけに囲まれて暮らしたいなんて
すっきり片付いた広々とした部屋で暮らしたいなんて
そんな事、させるわけないでしょ!

彼、自分の荷物の量に絶句してた
kururu 、
鬱病の坂を転げ落ちてる最中だったけど
内心「やったぜ!」って思ったよ
この家への謂われ無き批判を 一つでも晴らしたかったんだ
彼が帰ってきてからの彼の気持ちにも
少なからぬ影響を及ぼしたんじゃないかな

転んでもただでは起きないのですよ
『自分達夫婦の今後のため』と思えばがんばれる
妻は強し o(∩_∩)o
posted by kururu at 17:58| Comment(5) | TrackBack(0) | 愛してるとか 好きだとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっと 別宅を引き払うと

彼が動き出しました
実はまだ 彼女が居座っていて
部屋を借り続けていたのだ

うちの彼、むっちゃ打たれ弱い奴で
相手から ちょっとでもキツイこと言われそうになると
亀のように引っ込んじゃうらしい...(・_・;)
人間関係のスキル、というか 交渉能力、というか 批判に耐える覚悟、というか
そーいうのが 弱っちいんだよね
で、別宅を引き払えずに
ずるずるとここまで来てしまったって訳
本当は 彼に自分の力でケリを付けて欲しかったけど
そもそもが
自分の処理能力を超えた事をしでかしたってことだし
誰かが手を貸さなくちゃ収拾が付かないのね

そこで妻は考えた
損得で動く相手には
「居座り続けるのは損だ」と気付かせれば
事が前に進むんでしょ
そう仕向ければいいんじゃん
kururu 、こう見えても(?)
心理学とか法律とか 世間の人より強いんだ

で、やっとこさ 話がまとまったって訳
今週は 彼の荷物の受け入れ準備
粛々とお片付けをするのみ
posted by kururu at 15:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 愛してるとか 好きだとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。