2008年10月12日

北朝鮮拉致事件への総理の本心

米国の
北朝鮮に対するテロ支援国家指定の解除に際し
日本の麻生太郎総理が言いました
「拉致被害者の家族のこと(立場)を・・・(米国に伝える)」

『拉致被害者の』ではなく
『拉致被害者家族の』と言いました

それってさー
麻生さんにとっては
『拉致されたこと』が問題なのではなく
『被害者家族があれこれと要望を述べる』ことが面倒だ
ってこと?
ついついぽろっと本音が漏れたのかしら

ため息一つ(・o・)


posted by kururu at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。