2008年09月20日

流行で知る自分

日本全国
日々諸々のシーンで悩める老若男女のみなさん

流行ってどう思う?
特に服飾関係
kururu ねー
どう付き合っていいのか よく分かんなかったんだ
流行どころか
『TPOに合わせた服装』ってのも
どうしていいのか未だに良く分かんない
そもそも、その必要性も
実のところ よく分かっていないかも

けど
服装って
顔の表情 や おしゃべり と一緒で
自分を表現するってことなんだよね
自分好みのファッションが その人のセンスの現れであると同時に
TPOに合うかどうかが 相手への思いやりや知性の現れでもある
「本当の自分を分かってほしい」
「もう少し 仕事がうまくいったらいいな」
「自分の全てを受け入れてくれる人がどこかに居る」
なーんて
少しでも思うなら
適切な服装が助けになってくれるんじゃないかな

あれこれ考えてる中で出会った
納得の言葉を集めてみたよ

流行との距離の取り方↓
All About > 健康・医療 > ストレス >
流行で知る自分、ブームで変わる私

ファッションは相手への思いやりでもある↓
年配の方には『信頼』を
同世代には『親しみやすさ』を
感じてもらえるようにコーディネイト。
着こなしで『その人との関係』までもが変わってきます。

かっこ良くなりたかったら↓
『流行感』もあって 『社会性』もある、
 それが『かっこいい』ってこと
個性のないコンサバ服はつまらない
でも仕事の場に合っていなかったり
年齢不相応なぶっ飛びすぎファッションもイタイ
素敵なスタイルとは着ている自分も見る人も楽しいことが条件
自分目線だけでも他人目線だけでもダメ
両方がバランスよく意識されているべき
コスプレ気分でTPOに合ったお洒落を楽しみましょう
それは守りの姿勢ではなく
その時々のシーンをまるで借景のように使って
自分を引き立てるのです

年齢とファッション↓
年齢から目をそらさない
年齢を受け入れる、楽しめる
自分の年齢から目を背けたいということではありません
その時々の自分の年齢を最大限楽しんじゃおう、というようなノリ
『年齢なんて関係なく着たいものを着ればいいじゃん』
というのともちょっと違う
どうしたって大人になるにつれて似合わないものは出てきます
見送る流行は見送り、したいスタイルは年相応にこなす
それは世間に負けているのではなく
美しくあるための攻めの取捨選択なのです

シンデレラ願望なんて持ってたって 魔女は来ないよ↓
『自分磨き』は かっこいい
『自分探し』は かっこわるい
『自分はいつか むっちゃかっこ良くなる』
なんて思ってる暇があったら
今の自分を、ほんのちょっとでも、ほんの一部でも
素敵に変えていきましょう


ラベル:自閉症

今日明日はのんびり

やっぱり
予定を詰め込み過ぎでした (∩_∩)ゞ
お疲れ休みが必要な模様

明日の予定は
次の祝日に変更してみた
posted by kururu at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。