2008年09月03日

何を訊かれてるのか判りますか?

今朝の新聞記事(『発達障害とともに 上 職場の壁乗り越え』)に
「指示が具体的じゃなかったために 理解できなかった人」のケースが出てた

(抜粋↓)
ある新入社員(大学院卒)に部長が
学生時代の研究を訊ねた後
「では、自分のできることを書いて」と用紙を渡した
学業をどう仕事に生かせるのか、知りたかった
だが
「ビデオのタイマー予約」「宅配ピザの注文」と
予想外の答えが返ってきた

これさー
新聞記事には
> 学生時代の研究を訊ねた後「書いて」と用紙を渡した
って明記されてるから
その間違いが kururu にも分かるけど
現実世界では会話が急に切り替わることも多いから
話が続いてるって気付かないかもしれない
リアルタイムのその場面では
「今、『学生時代の研究』を訊かれて
 その話の続きとして『出来ること』を訊かれてるんだよ」
とは
誰も教えてくれないもん

やっぱ、
障害のカミングアウト&周囲の理解って大きいね
会社の人が障害を知ってたら
「君の学生時代の研究を生かして出来ることを書いて」
っていう正確な指示が出せたかもしれないし
的確な指示が出せずに勘違いが生じちゃっても
「あ、通じなかったな」って冷静に認識して
気分を害することなく
指示を出し直すことも出来るじゃん

みんなそれぞれの事情があって暮らしてるから
誰もがカミングアウトできるわけじゃないけれど
( kururu もしてないし)
事情が許せば オープンにして暮らしたいと思う
周囲に一人でも理解者が増えれば
格段に生きやすくなるんじゃないかな


ラベル:自閉症
posted by kururu at 20:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『職場の壁 乗り越え』

今朝(2008.9.3)の朝日新聞に
発達障害者の職場適応の記事が出てたよ

『発達障害とともに 上 職場の壁乗り越え』

障害の種類は書いてないけど
出てくるケースは自閉症者が多いみたい
どの例も
身に覚えのあることばかりで
読んでいて苦しくなった

kururu ん家の辺りでは
25面 生活欄 に掲載
ラベル:自閉症
posted by kururu at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。