2008年08月15日

「口のきき方を覚えなさい」

アスペの通知表シリーズ

小学生の頃
通知表の総評のところには
「大人への口のきき方を覚えましょう」

書かれ続けました
後半3年間ずーっと

自閉ちゃんは
先天的な『民主主義者』で『水平思想』だから
そーいうの
なかなか分かんなかったんじゃないかな
困ったもんです( ̄0 ̄)


ラベル:自閉症
posted by kururu at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

やっぱりお買い物は難しい。。。

お店が苦手なので
通信販売をよく使う
今日はインターネットであれこれ探す

けどね
「これだっ♪」っていうものって
なかなか無いね

やっぱり
お買い物の才能は無いみたい
ふう。。(・o・)
posted by kururu at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

朝顔のつぼみ

朝顔は短日植物なんだって
夏至を過ぎて日が短くなるとつぼみをつける

kururu、ちょっと心配だったの
うちのベランダ
近所のマンションの灯が煌煌と降り注ぐ
いわゆる『都会の光害』

朝顔ちゃん 咲けるかな〜(・ ・?)

けどね
なんて健気な朝顔ちゃんたち
ちゃんとつぼみをつけました☆
お花たのしみ♪
ラベル:園芸
posted by kururu at 14:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「自分が」「自分が」っていう人

そんな訳なので
これまで kururu は
付き合いがうまく行かないタイプの人が居たのですよ
ふと気が付くと嫌われてるの
どんな傾向の人と上手く行かないのか
自分でもよく分かんなかったんだけど
でもね、やっと分かった

(自分が)常に注目の的でありたい人
(自分が)話の主役になりたがる人
「自分は在り来たりな人間ではない」と思っている人
(自分が)ヒトの上に立ちたい人
(自分は)ヒトに借りを作りたくない人

そういう人に共感は禁物
「うんうん」
「お気持ち、よく分かります」
「そーいう事ってあるよね」
全部ダメ!
そんな事言ったら
その人が特別じゃなくなっちゃうもん

増してや
提言(アドバイス)なんてもってのほか (>_<)
「こうしたら上手く行くんじゃない?」
「こんな風に考えたらどう?」
「それだったら、こうしたら上手く行ったよ」
全部ダメです
その人が優位に立てなくなるから

自閉ちゃんは
先天的な『民主主義者』で『水平思想』だから
コーイウ考え方は理解しづらいけれど
自分とは違う考え方の人も居るから
理解できなくても
「ソーイウ人なんだ」と思っておくしかないんじゃないかな

自閉ちゃんの、ソーイウ人への対処の仕方として
一番無難なのは『出来るだけ近寄らないこと』
地雷を踏まない Best way です

けど、避けてばかりも居られないよね
ソーイウ人と言葉を交わさなくちゃなときの
模範回答は『感心すること』
「へ〜!(感心)」
「そうなんだ〜(同上)」
「そんなこともあるんですね(同上)」
「大変ですね(同上)」
「すごいな〜(同上)」

kururu やっとわかった
これからは
ソーイウ人とも無難にやっていけるように
相手に嫌な思いをさせないように
自分の言動に気をつけます

自閉ちゃんへの注意:
『感心すること』は、確かに大事だけど
同じこと何度も言われたら
大概の人は「バカにされてるのか?」と思います
自分に言われたのじゃなくても
誰かに言っているのを何度も聞いたらそう思います
(たとえ 複数の人に言ったのだとしても同じ)
↑の言葉も あまり頻繁に言っちゃダメよ
目安としては1か月に1回程度までです
ラベル:自閉症

2008年08月12日

人が『ぼやく』ということは

またやっちゃった
相手の本心を読み損ねた
求められてるのと違う回答をしてしまったの
去年の今頃も
そんなことを考えてたはずなのに
『話し合う』ってどんなこと?(1)〜(7)
自閉症 kururu は 同じ過ちを繰り返す

知人が なにやら辛い状況をぼやいている
周囲の不誠実
社会の不備
自身の困難

うんうん、そーよね
辛いお気持ち、わかります
早く解決するといいね
少しでも力になりたいわ

はい、 kururu ちゃん
そこが間違い!
kururu は
自分の望むこと(悩みの軽減 と 状況の改善)を
他者も望んでいるだろう
と思い込みがち
けどね、世の中みんながそう思っているわけじゃない

人がぼやく時、その心は大きく分けて2タイプある
『悩んでいる人』と『ほめてほしい人』

『悩んでいる人』は、なんせ悩みが深いので
『悩みの軽減』と『状況の改善』を望んでいる
そんな人にしてあげられることは
悩み軽減のための『共感』と
状況改善のための『提言』『力添え』

『ほめてほしい人』は
褒め言葉を力にかえて、自分の力で生きていきたい人
で、ほめてもらうための『プチ自慢』を披露する
主な『プチ自慢』の方法は
キリスト教的な
「耐えうる力があるからこそ困難な状況が与えられている」
という『選民思想』と
儒教的な
「大変な状況をあえて自分が背負って世の中の役に立っている」
という『勤勉自慢』
そこで仮に
『悩みの軽減』と『状況の改善』が成されちゃったら
ご自慢の種が無くなっちゃうでしょ!
「力を貸してあげたい」と思う気持ちは
その人にとっては かえって迷惑なんじゃないかしら?
そんな人にしてあげられることは『力添え』ではなく
『がんばりを認め』
『その人だからこその良いところを指摘』し
『応援』すること
だと思うのです

kururu は
自分があまりぼやかないし
ぼやくとしたら、完全に『悩んでいる人』タイプなので
ついつい、他者がぼやくと『悩んでいる人』なんだと思っちゃう
けど
世の中、かなりの割合で『ほめてほしい人』も存在するってこと
近頃やっと気付きました

非自閉症者は
そんなこと自然に分かるのかもしれないけれど
自閉ちゃんにはちょっと難しい
「この人を元気付けてあげたい」と思ったら
相手がどちらを望んでいるのか考えなくちゃね

自閉ちゃんたち、がんばろー☆
そんでもって
自閉ちゃんの周囲のみなさま
自閉ちゃんが見当違いな事を言っても
「力になりたい」気持ちで言ってるって分かってほしい
温かい目で見守ってね
ラベル:自閉症 考える葦

おはよー

ございまする〜
もう夕方ですが・・・(・・;)ゞ

昨日に引き続き
腹痛で不調
ま、そんなときもあります
posted by kururu at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

久々の洋裁

大人の夏服が欲しいと思って
洋服屋さんをあれこれ見て回ったんだけど
どうもいまいちピンと来ない

かっこ良くて らくちんなデザイン
肌触りがよく
通気性、吸湿性、速乾性、そして見た目も素敵な素材
(天然素材 Love〜♪)、
びっくりするほど安くなくてもいいから
ビックるするほど高くない価格

自閉ちゃんのこだわりに答えてくれる服
なかなか無いね〜

で、久々にやる気!
自作に励むのです o(∩_∩)o

服飾のプロではないので
一からオリジナル、って訳には行かないけれど
本の製図をあれこれ手直し
布選びにも気合いが入る

がんばるぞ〜
ラベル:手芸
posted by kururu at 21:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

リエットって知ってる?

彼の誕生日で
近所に食事に行った
おいしいパン屋さんの
おいしいカフェ

山盛りのパンは当然おいしい♪
バターも
塩味のキノコのスープも おいしい☆

けど、
ちっこいお皿に乗ってくる
ピンクのふわふわ リエットは
毎回かんどーしちゃうくらいおいしいの・°`☆

フランスの前菜らしいんだけど
テリーヌ、パテ、リエット
正確な分類はよく分かんない
作ってみたら分かるかな?
posted by kururu at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいモノがすき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『金魚の恋』



金魚鉢の金魚が
恋をして
悲しくなって
それでも
また生きていくお話

読むたんびにいろんなことを思う
いわゆる 男女の恋愛を思ったり
ふつーに暮らす人を思ったり
それから、障害者のことを思ったり

福祉施設に暮らす人
養護学校(今は呼び方かわったんだよね)等に学ぶ人
福祉作業所などで働く人
そして 家に籠っている自分

いろんな人を思った


文庫も出てた↓

2008年08月09日

みんなで並んで

近頃
メダカちゃんたち
kururu が「ごはんだよ〜」って言うと
おしり振り振り寄ってくる♪
みんなで並んで お口ぱくぱく
「いただきまーす」って言ってるみたい
とってもかわいい
posted by kururu at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜には雨がきそうな気配

ラグ、洗っちゃったのに
困っちゃうな〜
posted by kururu at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きゃー(((>_<))) ガッシャン!!

またやっっちゃった
手が滑って
ミルクティーのマグを落としちゃったの

一帯がミルクティー色
ぬいぐるみの人たちも被災
お気に入りのガラスの器が割れちゃった
オーノー!(ノ_・。)

仕方がないので大掃除
テーブルクロス、ラグ、クッション
ティーコージーにコースター
シロクマちゃんと子ザルちゃん
みんなまとめて洗濯機へ
ラベル:自閉症
posted by kururu at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8年もののスカートにさようなら

とうとう擦切れちゃいました
夏のお気に入りだったんだけどな〜
posted by kururu at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

昨晩のナイーブ君

仕事の後、週に2回の定例バンド練習
予定どおりの未明の帰宅
玄関を開けるなり暗い顔
ただいまの声も消え入るよう

ん?どーした?

手には
いつもの缶ビールはなく 水のペットボトル
何か不機嫌?
早くごはんにしてあげよう
kururu が配膳している間に
ふらふらとお風呂
ざっと湯をかぶり 無言で居間へ

kururu が居間に戻ると
あら?
お布団かぶって床で寝てる

え〜〜〜
ごはん食べないの?

「お待たせ」とか「(ごはんキャンセルで)ごめんね」とか
何か言葉が欲しい気もしたけど
寝ちゃってるもんはしょうがない
ごはんを片付けて kururu も就寝

今朝も無口なナイーブ君
パン食べる? の問いにも
消え入るような声(ってか、聞こえないぞ)

新聞を読みながら朝食を取る彼を眺めて
ふ、と思う

何か辛いことでもあったかな?

炎天下を歩くのだって
苦手な満員電車に乗るのだって
他人の中で仕事をするのだって
毎日大変
時にはもっと不愉快なこともあるだろう
しかも
昨日の朝は kururu が起きなかったので
朝食なしでお仕事へ
ごめんね (・・;)

いつもより更に辛いことがあったかもしれない
昨晩は思い至らなかった
自閉症 kururu は気付かなかったけど
ふつーはすぐに気付くのかな?

そんな落ち込んだ彼に
更に負担になるようなことを
うっかり言わなくて良かった
責めたり、問いつめたり、何か言葉を要求したり
自覚なく追い詰めたりしないで良かった
本当は何か言いたい気持ちもあったけど
適当な言葉が浮かばなかったんだ
言葉が浮かんだら言っちゃってただろう
会話が苦手な kururu で良かった
posted by kururu at 13:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 愛してるとか 好きだとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャベツとアーモンドのサラダ

先日書いたシンプルサラダ
あまりにシンプルで簡単すぎて
「『サラダ』と呼んでいいのか?」(∩_∩)ゞ
って思うくらいなんだけど
【キャベツ + アーモンド + 梅ドレッシング】は
意外なくらいピッタリでおいしいの♪

キャベツの千切り に
アーモンドスライス(ローストすると尚宜し)をトッピングして
梅ドレッシングをかけるだけ

ドレッシング、これから買うなら
できるだけ基本的な味のものを選んでね
梅味でオイルの入ったのがお奨め
市販のノンオイルのは
化学調味料の味がきついので
キャベツの淡い甘みが負けちゃうからね
posted by kururu at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいモノがすき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

朝顔

例の
『それはそれは美しい』花が咲くという朝顔ちゃん
うちより10日くらい早く種をまいた友人宅にて
一輪目が咲いたんだって♪

うちの子も ぐんぐん蔓が伸びてるところ
元気にすくすく 大きくなぁれ
posted by kururu at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

いろんな価値観があっていい

(続き)

子供の頃の kururu を思い起こすと
「世の中の事柄には もれなく『正解』が存在する」
と思っていた様子
『正しい道』だとか
『完全な正義』だとかね

まあ、
大人というのは
子供にそー云う価値観を植え付けたがるものだし
子供に求められる返答や行動は 大概そういうことなんだから
自閉症 kururu が
「世の中っていうのはそういうもんだ」
と解釈するのは自然なことだったのだろう

世の中の大人の言うこと
学校(の先生と教科書)が言うこと
新聞やTVの言うことは
『全て正しいこと』で『相互矛盾などない』のだと思っていた

10歳くらいの頃だったかな
TVで 1970年前後の風俗を取り上げていた
学生運動、安保闘争、ヒッピー、Love & Piece、
ビートルズ、GS、ベトナム戦争反対、etc.etc...

片手間に見ていた母が一言
「あの世代はねぇ〜( ̄0 ̄)」

その声には 明らかに批判の色が込められていた
TVが『良い時代』として紹介している(と、その時の kururu は感じた)ことを
母が批判する
え〜〜〜!
本当にびっくりした
だってさ、
『母』も大人、『あの世代』も大人、『TV』に出ている人も大人、
それなのに 明らかに言うことが違う
しかも、今にして思えば
たぶん5歳くらいしか違わないはず
kururu が初めて『価値観の違い』を意識した瞬間だった

その後、
両方の祖父母とそこんちの嫁の『嫁姑問題』に気付き
学校と保護者の意見の食い違いを幾度も目撃し
それどころか
教師同士でさえも明らかに言動が食い違うことに気付き
地域社会でも 母があれこれぼやくのを聞き
子供ながらに考えて
そうしてそして
「世の中にはいろんな価値観が存在」し
「それは あって当然」で
「それぞれの価値観や立場を尊ぶのが『民主主義』っちゅーもん」で
つまり
「世の中、『正解』や『完全な正義』が見つからないこともある」し
そんな訳で
「『絶対的に、普遍的に正しい人』なんてのは存在し得ない」
と理解したのでした

kururu がそう気付けたのは
決して人格者ではない両親の
自己矛盾すら孕んだ日々の言動に因るところが大きい
親子のいい関係は築けなかったけど
大事なことを 身を挺して教えてもらった

非自閉症の人たちは
成長の過程で自然に気付いて
大人の世界にソフトランディングするのかもしれないけれど
自閉ちゃんには難しい
( kururu はソフトランディングには失敗したもんね)
気付くのが難しい上に
その気付きがないと
完璧主義の自閉ちゃんたちは
生きていくのに相当苦労するだろう

自閉ちゃんの周りの大人の人たち
ぜひぜひ『民主主義』を教えてあげて!
いろんな価値観があっていい、ってこと
自分も他人も大事だってこと
他人を 自分の意のままにしようとしないこと
間違った事を言う人もいるので 万人の意見に従う必要はないってこと
その上で、
『他者に迷惑をかけないように』と教えてあげて欲しいのです
いろんな価値観があっていい、って教えることをしないで
「あれは駄目」「これはだめ」だけを教えると
世の中に出てからも『絶対的に正しい答え』を求めて
日々混乱しまくって苦労するよ

非自閉症の大人から見たら
「自閉症のこの子には
 最も妥当な答えだけを覚えさせるのが
 混乱しなくてすむ最良の道」
と思うかもしれないけど
死ぬまで一生 誰かがくっついて歩いて
『正解』をささやき続けることはできないし
そもそも 日々変化する世の中で
今の『最良』が ずーっと『最良』とは限らない
やっぱり
「世の中にはいろんな価値観が存在する」と
理解するしかないんじゃないかな

世の自閉ちゃんたちが
いろんな価値観がある世の中で
自分の中の『正義』に反しない生き方を選ぶ道を、力を
そして
他人の考えをも大事にできる力を
獲得できるといいな〜
ラベル:自閉症
posted by kururu at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『気分』や『好み』があってもいい

自閉症 kururu は
子供の頃
『意志』ってものが なかなか理解できなかった

自分の意志、他人の意志、
自分の価値観、他人の価値観、
自分の好み、他人の好み
自分の希望、他人の希望、
自分の感覚、他人の感覚、

幼稚園にて
「みんな、大きくなったら何になりたい?」
???
「大きくなったら」ってのも理解できなかったんだけど
「なりたい?」はもっと分からない
でも、黙ってると怒られる
ので
先生によく褒められてる子の答えを真似して
「幼稚園の先生になりたい」
とか 意味も分からず答えて褒められてた
幼いながら
「そう答えるのが その場面での『正解』だろう」
と推測したんだと思う
ある意味 正しいよね(笑)

kururu 10歳の時
叔父の車で旅をした
(って言っても、自宅へ送り届けてもらっただけなんだけどね)
親と離れての初めての旅
途中、サービスエリアで昼食
「 kururu ちゃん、何食べたい?」
え???
ここでの正解は何だろう???
kururu の食べるものは、学校給食以外はいつも親が決めていた
それまでの少ない外食経験でも、もれなく親が決めていた
いきなり訊かれて答えられず
kururu も困ったけど 叔父も相当困ったようで
その時のことは、いまだに語りぐさ

親から見た 未診断の自閉症 kururu は
常に出来の悪い子で
何をさせても 要領を得ず 時間がかかり
しかも あまり物を言わない子であったらしい
いや、 kururu が答える前に何でも親が先回りするから
物を言う隙がなかっただけだと思うんだけどね
「それじゃー意志を述べる訓練ができないじゃん」
って言ったところで
そもそも、
子供の意志を尊重する必要があるとも思ってなかったようだけど

母の証言:
あなたのペースに付き合ってると
いろんなことが滞るし、
そんなゆったりペースで育てて
これ以上『とろい子』になったら将来困るだろう
と、思ったのよ

なるほど、親心です
そんな訳で
kururu に『意志』を(本気で)問われることは少なかった
それどころか、
『苦しい』『痛い』『気持ち悪い』とかっていう感覚すらも
否定(批難)されることが常だったもんな〜

『気分』や『好み』があってもいい、と理解したのは
かなり遅かったけど
遅いながらも理解できて良かったと、ほんと思うよ
ラベル:自閉症
posted by kururu at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏空のお洗濯

ぐっすり休んだ夜 の後
9時間のお昼寝
それでもしっかり眠れる夜

そんだけ寝たら
今日は快調♪
夏の青空に誘われて
お洗濯に励むのです
posted by kururu at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

自閉ちゃん、がんばり過ぎてませんか?

これまでにも何度か書いてるけど(これとかこれとかこれとか)

kururu ね
自分の 身体、精神の状態の
脳へのフィードバック(自己情報伝達)が
ちゃんとできてないみたい
疲れてるって気付かずにバンバン動いちゃって
気付いたら1歩も動けなくなってた
とか
ひどい頭痛で 電車で屈み込んで頭を抱えてた
とかね

一昨日
電車で10分、見知らぬ人との打ち合わせ
終わった時 まだまだ明るい時刻♪
久しぶりの町だったので 楽しくぶらぶら
ふ、と更なる遠征を思い立ち
電車で20分、おっきい手芸屋さんへ
そこで ふと気付く
「なんか、ふらついてませんか?」
疲労困憊の予感を感じ(もうなってたかも)
手芸屋さんは 予定の1/3だけを見て 帰途につく
帰りの電車は約30分
ひどい頭痛に
座って鎮痛剤を飲む
頭を抱えて耐えながら 何とか帰宅

その場では気付かなくても
後で思えば 動き過ぎ
反省。。。(v_v)

で、本日火曜日
そんな予定じゃなかったのに寝て過ごし
何やら不本意な気分なんだけど
考えてみたら
必要な休養だったのかも

前後の予定を把握した上で
自分の意志で 必要なだけの休養がとれるといいんだけど
現状 なかなか出来てない

他の自閉ちゃん達も
そんなんこと あるのかな?
ラベル:自閉症
posted by kururu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。