2008年08月23日

ずいぶん涼しくなりました

(∪o∪)。。。


posted by kururu at 13:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

『かみなりこわい(((>_<)))』を描いてみよう

さっきの夕立ち
かみなり ぴか!
ごろごろ が だんだん近付いてきて
バキバキ ドカッ!!

えーん こわいよ〜(((>_<)))

って思いながらも
ふ、と思い付く
そーだ 絵を描いてみよう!

走る稲妻 響き渡る雷鳴 打ち付ける雨

昨日のくれよんで描いてみる
ぴか! とか言いながら
かきかき ぬりぬり
わー、たのしい〜

って、あれ?
恐怖を描こうと思ったのに
いつのまにか ズレてない?

スケッチブックに現れたのは
稲光りの走るきれいなお空
これじゃー花火と一緒だよ ←\ ( ̄▽ ̄) おい!

芸術家には なれないね
posted by kururu at 00:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

やっぱり今日もお疲れ休み

今日はお昼に起床
いつものミルクティーを煎れる
「パン食べる?」と
いつものように彼に訊くと
小さな声で 要らないと言う
ここんとこ食欲ないね
疲れてるのかな?
なーんて思いつつ kururu も食べなかった

食べないと体が目覚めないのかな?
朝食の途中で眠気に襲われ
そのまま居間でごろりんちょ

昨日は
病院へ行って
帰りに雑貨屋さんでお買い物
元気な人には
「たったそれだけ」のこと
けど
kururu には大仕事

今日の眠気は 昨日の疲れだったか?
夕方の 激しい雷雨に起こされるまで
ノンストップでお昼寝
うん よく寝た
posted by kururu at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

お絵描き帳に見る夢は

けどね
大人っていうのは
こういう時にちょっと不自由
どこかで見たようなものしか浮かんでこない

うみのいろ もりのいろ はなのいろ
素敵な名前のクレヨンは
しまわないで しばらく手元に置いてみよう

翁の見た竹の光
妃が林檎を運ぶ道
青い鳥の羽根の艶めき
北風と太陽の話し声
ちいさいおうちに降り注ぐ陽光
竜宮城の享楽の極み
マルグリットの愛した白
サーカス小屋の哀愁
アントワネットの涙

きれいな色に誘われて
夢の余韻が描けるかも
posted by kururu at 21:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うみのいろ もりのいろ はなのいろ

何年ぶりだろう
くれよんを買ったのは

とてもきれいな色のくれよん
病院の売店に売っていると聞いて
早速 いってみた

キティちゃんのくれよん
『うみのいろ』『もりのいろ』『はなのいろ』の3つの箱に
そういう色が4本ずつ
すてき♪

買って帰って
さっそくお絵描き (∩_∩)
posted by kururu at 21:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

自閉ちゃんにお奨めの『道しるべ』本

理論社の本で
『よりみちパン!セ』っていうシリーズがあるの
知ってる?

この企画、
『10代に向けた哲学書』ってかんじなんだけど
(哲学っていうより実用っぽいテーマもあるけど)
身近な事柄を導入部分に
分かりやすい展開で 深いところまで導いてくれるので
大人の kururu も読んで納得

自閉ちゃんって
言葉で言われると飲み込みやすい、っていう面があるでしょ
( = 言われないと気が付かない)
けど、どんなに自閉ちゃんに理解のある人でも
ふつーの人は
世の中のあらゆることを
的確な言葉で深く踏み込んで教えてあげることは不可能でしょ
このシリーズは
『まさに適任!』っていうような講師を見つけてきて
『ナイスな切り口』で 1テーマづつ語ってもらってるのです
なるほど、 kururu にも飲み込みやすいわけだ☆

小学校高学年くらいから読める子もいるだろうけど
アスペちゃんなら 中学生くらいから楽しめると思うよ
大人が読んでも得ることが多いので
親子でどうぞ!

現在、シリーズ全38冊出てます
ラベル:自閉症 本とか

一人の休日

いや
自宅療養中の身ですから
家事をさぼれば
毎日が休日みたいなもんなんですけどね (∩_∩)ゞ

昨晩は彼が帰らなかった
「今夜は遊ぶので帰りません」
と早めに連絡くれた

初め
がっかり&寂しい気持ちだったけど
落ち着いてきたら 何やらワクワク♪

そっかー 晩ごはん作んなくていいんだ〜
時間を区切られずに 好きなことを好きなだけ出来るんだ☆
久しぶりに早寝をしよう

あれこれワクワク♪
新聞読んで 本読んで
おやつを食べて お茶のんで

そうこうしてたら すっかり夜更け
いつもとかわらない時刻に就寝 (∪o∪)。。。

眠りが浅かったようで
2時間置きに目覚めつつ
結局午後までゆっくり寝てた

一人だと
朝ごはんにも力が入らないな〜
もたもたと いつものミルクティーを煎れる
のんびりゆっくりお茶を飲みながら過ごし
夕方になって パンを食べる
ベランダのバジルでブルケスッタ風
なかなかおいしい

彼の帰る深夜まで
まだもうしばらく余裕がある
今日は何してたのしもうかな
posted by kururu at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛してるとか 好きだとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

月の音を聴いた夜

10年ほど前の夏
田舎道で車を止めた
木立の上に お月様
しんしんと白い光が降り注ぐ

月から音が降ってくるようだね

そう言った kururu に
運転席の友人が目を見張る

ベートーベンと同じことを言うね

ベートーベンは
或る夜 月の音を聴いて
それを曲にしたのだそう

そっかー
kururu 、ベートーベンと同じ音を聴いたのか〜♪
なにやら こそばゆい様な うれしい様な
posted by kururu at 22:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『中年入門』松尾スズキ

asahi.com - 出版ニュース
「中年よ、笑え」と松尾スズキ

松尾氏曰く
「価値がある。なんて思ってるから、概(おおむ)ね人生はつらいのである」
以前からすごい人だと思ってたけど
増々洞察がキレてるね

『老人力』にはまだまだ修行が足りない人には
『中年入門』があるぞ! 喜べ!!(→ kururu )

「浮いた浮いた転んだ負けたで45年」


「宵越しの情報は持たない」
ラベル:本とか
posted by kururu at 21:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自己肯定感

今でこそ
「私ってなかなか」
「自分、結構いいやつじゃん」 
「私って幸せ」
なーんて
お気楽なことを言ってる kururu ですが
そうなったのは結構最近

10歳くらいまでは自意識ってものが確立されず
10代前半で
「自分は(他人と比べて)何もできない」と気付き
教科学習など 多少 出来ることが出てきても
「努力ができない駄目なやつ」
だと思い続けてた

それまでも 大人からは駄目な評価を受けていたし
自分でもそう思い込んじゃってたんだけど
高校生になったら
同級生たちにまでそう思われて
周囲から浮いてしまったの
教科で落ちこぼれ、「努力してない」と思われ
遅刻、欠席が多く、「不真面目」だと思われ
それでも悲壮感もなく過ごしているので「ふざけてる」と思われ
真面目ないい子ちゃんばかりの学校ではしんどかったな〜

でもね
クラスに居場所がなくなった時
偶然 別の場所を見つけた
クラスや部活動で面倒な役割を押し付けられて
生徒会活動の中心に参加するようになったら
そこでは おおらかな先輩たちが自由な感じで活動していて
同級生も部活のメンバーも居ないから
お勉強やスポーツの出来ないことも関係なし
何かの上手下手を問われることもなくて
楽に息が出来る気がした

もしかしたら、そこに居た人たちは
多少 kururu と同じ悩みを持っていたのかもしれない
何はともあれ 気が楽なので
そこに入り浸るようになって
クラスでは増々浮きまくるんだけど
kururu の出来の善し悪しとは関係なく接してくれる人に出会ったのは
物心が付いてから初めての経験だったので
無条件の愛に魂が救われた感じがした
『いいじゃん♪』
と言って もやもやを吹っ切る方法を教えてくれたのも
そこで知り合った人だった

大学に進学して
高校の時と概ね同じ理由で 学科内では浮いちゃうんだけど
そんな時に
別学部に居た高校の先輩(その生徒会室で出会った人)が
何かと構ってくれたお陰で
学部外に友人が多く出来て また気持ちが救われた
結局その大学は中退したんだけど
そこに居た数年間を思った時に
苦しかった思い出と同時に
楽しかった日々を思い出せるのは
幸せなことだと思う

kururu は
『評価』と無関係な場所で友達を得て
だんだんと自己を肯定してきた
外からの『評価』が低くなりがちな子は
『評価』が付いて回る環境では 対等な人間関係を得にくいけど
対等な人間関係が得られれば
人付き合いの諸々も鍛えられる
大人になって気持ちのいい人付き合いをする力になるだろう

もちろんその後も
学校や職場で苦い思いが続いたけれど
それでも
一歩一歩 階段を上るように
自己評価を上げていったんだ

『いいじゃん』と気付くきっかけや
階段を上りはじめる時期は人それぞれ
『早い』『遅い』で評価しないで!
kururu も
高校生で気付いたとはいえ
一気に階段を上ったわけじゃない
30代に入ってからも 時々
「ひょいっ」と1段上った気がすることがあるよ

そうした『自己肯定感』があるおかげで
今、こうして
落ち着いた気持ちで生きていられるのだろう

目を開いて、耳を澄ましていれば
『無条件の愛』にどこかで出会う
今 自分を認められないでいるとしても
その『気付き』は 必ずみんなにやってくる
楽に息が出来る日がきっとくるよ
ラベル:自閉症
posted by kururu at 19:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『THE 鈴木タイムラー』

テレバイダー』や
イグザンプラー』を見てた人なら
きっと好き☆

THE 鈴木タイムラー』(鈴木タイムラーとは

近頃 TVやビデオは見てないけれど
金剛地武志 はついつい見ちゃう♪
そんな kururu は
DVD Get すべきか?!

  
ラベル:本とか
posted by kururu at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

笑うが勝ち♪

本当は
勝ち負けの話ではなくて
心の安寧の話

例えば 学校の先生
同じクラスの子の保護者でも
その教師を信頼している人と 不満に思っている人っているでしょ
もちろん、あからさまな悪影響が見える時には
しかるべきルートで対処すべきだけど
そうじゃないなら
子供にとってはどっちがしあわせかって言ったら
親が教師を信頼している方が幸せだと思うのですよ

例えば お医者さん
患者が病院にかかって お医者さんに診てもらうとき
同じお医者さんの同じ診療態度でも
信頼感が湧くこともあれば
不安と不満と疑心暗鬼に陥っちゃうこともある
けどさ
どうせ同じ 時間とお金と自分の精神エネルギーを使って通院するなら
信じてた方が気持ちが安寧だし
その分 医療効果も増して みんな幸せ だと思うの

例えば kururu
障害やら 病気やら ふわふわした旦那さんやら
何かとあって
考えようによっては
幸せでないのかもしれないけれど
「自閉症なお陰で 博愛(?)なところがあるし」(ちょっとご自慢v)
「鬱病だけど 日々の小さい楽しみは尽きないし」(ちょっと幸せ♪)
「こんなにふわふわした彼が
 『自分の意志で』kururu と一緒に暮らしているんだもの」
(彼の家出前よりちょっと自信出た)
そんなこんなで 自分に自信を持ってるし
やっぱり幸せだと思う

不安と不満に陥っちゃうこと、kururu もあるけど
そんな時には
自分の気持ちに逆らってでも
今の状況を「わりと幸せ」と『定義』してみて!
「先生は偉い」「(こういう面は)自閉症で良かった」
「私は運がいい」「私ってなかなか」「あの人も立派」
そんでもって、顔を上げて
無理矢理にでも笑顔を作ってみると
そのうちに 心の安寧がやって来りもするのですよ

そういう風に『仮に』信じてみて!

↓「他者を『えらい』と思うのは、
どういう心的状況、いかなる権力的付置のことか」
『仮に』『定義してみる』ことの提案
先生はえらい』内田 樹 (著)


↓『未来』はもちろん『現在』も『過去』も 自身の力で変えられる
健全な肉体に狂気は宿る―生きづらさの正体』内田 樹 (著), 春日 武彦 (著)

2008年08月16日

シュークリームとエクレア

光文社の女性雑誌
『STORY 8月号』に
シュークリームとエクレアの特集があった♪
『美味巡礼 シュークリームの甘い郷愁』
どーんと5ページ☆
内、まるまる2ページはエクレア☆☆
すてきすてき



『STORY』のメインターゲットは
40代の美意識の高い女性だけど
30代の kururu も楽しめます
簡単でおいしそうなお料理もあったよ
特に kururu 好みなのは
『さっぱり“つるるん”ささみ梅』
『ゴルゴンゾーラとはちみつのブルケスッタ』
今度作ってみよーっと
ラベル:Sweets 本とか
posted by kururu at 18:11| Comment(2) | TrackBack(0) | おいしいモノがすき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝に咲くから朝顔

明け方近くに寝て
昼頃起床の生活では
朝顔ちゃんに会えない。。。(ToT)
ラベル:園芸
posted by kururu at 14:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アスペの通知表:高校編

アスペの通知表シリーズ

大人になるまで何の診断も付かなかったけど
kururu は自閉症
わりと『積極型』寄りの『受動型』
あと、文字のLD、心臓弁膜症
発達障害への理解もない時代に
そんな子供が普通学級に通った通知表

高校は公立の進学校へ
(何の人生設計もなかったので なんとなく普通科へ)
新学期が始まる前に出た宿題で早くもつまずき
(習ってないことを自分で調べてお勉強する能力がなかった)
英語は いきなり落ちこぼれ
そのまま卒業まで挽回できず
賢い子たちが『お勉強をしに』来ている学校なので
成績の悪い人( kururu のことです)には冷淡
生徒がしっかりしていたせいか 割と自由放任な校風だったけど
その分、お勉強ができないと居場所がない感じ

神経症、鬱、等の症状は改善するも
パニック障害、起立性調節障害、常にだるい状態は継続
体力的に無理があったか しょっちゅう保健室通い
おかげで 落ちこぼれ教科が増々増える

忘れ物や遅刻は ほぼ毎日だったけど
学校側としても困るのか
出席簿上はおまけで 年間遅刻回数 平均40回

○高校1年生○
(コンサバで厳し目の女性英語教師、出来の悪い kururu に困惑しきり)
「英語以外はまあまあというところです
一層の努力を期待しています」
「健康管理に気を配り 遅刻をしないように」
「基本的生活習慣をしっかり」

○2年生○(前年と同じ先生)
「一層の努力を期待します」
「遅刻多し」
「英語にもう少し力を入れましょう」

○3年生○
(ビートルズを愛する万年青年英語教師、高校時代の Best恩師)
通知表にはコメントなし
卒業後、成人式の頃にクラス会で会った時
大学休学中の kururu に言った言葉↓
「30歳までは親に世話になってもいいじゃないか
思うように過ごして自分が納得できればそれでいい」

パンチ大人になって思うこと
諸々の不都合の原因が分かってれば
何らかの手が打てたのではないかと思うのです
せめて 当時分かっていたことだけでも なんとか出来なかったのか
例えば体育
体育の時間に具合が悪くなることが多く
次の時限の教科を欠課することが頻発
(得意なはずの理数系科目まで落ちこぼれちゃったのは痛かった)
また、その場で具合が悪くならなくても
体力的にぎりぎりのところで通学している身には
かなりの負担になっていたのだから
学校側と交渉して
体育の授業は常に見学、ってことに出来れば
他の教科に悪影響が出ることが防げたと思うのです
だって、運動するために高校進学したのではなく
学科の学習をするために進学したのだもの
けどね
変なところで真面目(?)な自閉症 kururu
「具合が悪くて起きてられない」時に保健室で休むことは出来ても
「予防のために、ほかの子たちがしている事を自分だけが休む」
っていう発想が無かったみたい
まったくね〜。。。(v_v)
今になって、あの頃の授業を受けたいって言ったって
今更難しいことだし
ほんと、もったいなかったな〜
ラベル:LD 自閉症
posted by kururu at 01:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

アスペの通知表:中学校編

アスペの通知表シリーズ

大人になるまで何の診断も付かなかったけど
kururu は自閉症
わりと『積極型』寄りの『受動型』
あと、文字のLD、心臓弁膜症
発達障害への理解もない時代に
そんな子供が普通学級に通った通知表

霧管理教育真っ盛り、首縄時代
集団主義、軍事教練のような謎の訓練、日常的な体罰
能力に凸凹があり
忘れ物や遅刻がほぼ毎日の kururu は
当然のように厳しい指導の対象になる
それまでの 神経症、鬱、等の症状に加え
パニック障害、起立性調節障害、などなどを発症
常にダルく、
また、頻繁に意識消滅発作を起こし
救急搬送されること度々
自傷行為は ほぼ消滅
しょっちゅう保健室で寝てました
何をやっても 要領が悪く 遅いので
身支度、準備、後片付け、の諸々を
同級生の女の子たちが世話を焼いてくれてました

○中学1年生○(「青春!」とか言っちゃう男性英語教師
こうして読み返すといい先生だったと思うけど
「みんなで」「明るく」ってタイプは ちと苦手)

「総務委員として学級に貢献してくれました
明るくて発言力もあるのですが
反面 忘れ物が多かったので
もっと自覚を持って取り組んでほしかったです」
「物事をテキパキと判断 処理することに難があります
班長としてよく頑張ってくれましたが
反面 自分自身の忘れ物などが甘かったようです」
「積極的に物事にあたって行くことは 大変すばらしいものがありますが
周りの状況をもっとつかんで行動できれば
さらに良いと思います」
「基本的な生活習慣が身に付いていません」
「テキパキとすることを目標に
2年生になってもがんばって下さい」
ダッシュ(走り出すさま)周囲の状況が判断できないからこそ
面倒な役割を引き受けちゃったり(押し付けられたり)してたのよね
忘れ物、遅刻、テキパキできない、は
成人後も続く
たぶん一生続くのね
眼鏡保護者のコメント↓:
本人にとって 今の生活が目一杯という状態です

「学習については
理科や数学に比べて 国語、社会、英語が劣るようですので
しっかりやってほしいと思います」
「また、文を書く力もやや劣るので
日頃から慣れるようにして下さい」
「コツコツやっているようですが
まだ力を出し切っていない面があります」
雨漢字、熟語、アルファベット、英単語、人名地名、歴史年号
ぜーんぶ、覚えられなかったのよ
あと、英語の冠詞も 基本構文も理解できてなかったんだもん
文なんて書けるわけないよね〜 (ToT)
文字の LD の kururu に手書きはキツイ
そんな訳で
宿題は 深夜までかかっても終わらず
結局 全部出来た試しがなかったな〜

○中学2年生○(朴訥とした男性体育教師)

「意欲的に取り組んでました」
病院この先生は良い事しか書かない (∩_∩)
けど、決して意欲的ではなかったと思う
だって、毎日体がだるかったんだもん
自閉ちゃんは真面目なので 言われたことをさぼらなかっただけです

「教科によってばらつきがあるようです
2学期は平均してできるようにがんばりましょう」
ひらめき小学校高学年で物心が付いて以来
教科学習のこつが なんとなく分かってきた頃
自身の学習の遅れや苦手箇所をはっきりと自覚し
また、自力でのリカバリーにも限界を感じてました

「学習面ではよく頑張りました
諸活動においても責任を持ってしっかりできました」
晴れ自力でのリカバリーの限界を知り
民間の学習施設を模索
親に頼んで
県内随一の進学塾へ通わせてもらいました
(高額だったはず 随分な無理をさせたもんだ)
英語の冠詞や基本構文、be動詞、等は
ここで個人的に補習をしてくれて
やっとこさ理解できました

○中学3年生○(新設校へ移って 学校の雰囲気は やや民主的に)
(民主的な理科の先生、穏やかなおじさん、中学時代の Best恩師)
塾の効果が出てきて この頃には成績急浮上
業者テストの成績は県内Top、常に偏差値70超

「学習面では 自分の能力を十分に発揮していないようです
成績も 教科によってムラがあります
好きな教科だけでなく 嫌いな教科にも力を注いで下さい」
曇り好きな教科と嫌いの教科があったのではなく
『出来る教科』と『どうしても やや劣る教科』があっただけです
まあ、確かに数学の証明問題などは パズルみたいで面白かったけどね
今時の子供がコンピューターゲームにはまるのと同レベルの話です

「学習における実力と 学校の成績とのギャップが大き過ぎます
学校の学習については
かなり手抜きをしている部分があるのではないでしょうか」
雷意図的に手を抜ける程 器用じゃありませんでした
学校の成績って、『予習、復習、丸暗記』が全て
毎日の生活で手いっぱいの kururu が
『予習、復習、丸暗記』なんて出来る訳ないじゃん
まあ、
『予習、復習、丸暗記』を『努力』と定義するのなら
それができない kururu は『手抜き』だったのでしょう

「授業中の態度は好ましいと思います」
「温厚な性格ですが、忘れ物、遅刻が目立ちます」
「健康管理にも気をつけて下さい」
バッド(下向き矢印)何の診断も付いていない状況では
基本的な生活習慣が確立できず 体調も不良だと
『個人の責任』『健康管理が出来てない』と言われるのよね
『温厚で真面目』な子でもそうなんだから
同じ時代に
気性の激しい子はどれだけ苦労したかと思います
ラベル:LD 自閉症
posted by kururu at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アスペの通知表:小学校高学年編

アスペの通知表シリーズ

大人になるまで何の診断も付かなかったけど
kururu は自閉症
わりと『積極型』寄りの『受動型』
あと、文字のLD、心臓弁膜症
発達障害への理解もない時代に
そんな子供が普通学級に通った通知表

ギャング世代っちゅーのでしょうか?
この頃になると周囲の子供たちが大人びてきて
kururu は付いていけてませんでした
担任教師が代わり 穏やかな日々が戻ったけど
自傷行為は継続

○5年生○
「学校では活発に友だちと遊ぶことができます
相手の立場も考え 人の考えにも耳を傾け
そして自分の意見も言うようにすると
もっと友だち付き合いも円滑になるでしょう」
演劇7〜8人の活発な女の子グループにくっ付いていたので
kururu も活発に見えたかも
社会性の発達は 他の児童に遅れをとっていた様子が伺えますな

「漢字があまり出来ませんでした
漢字、計算問題は 努力がそのまま結果となって現れるものです
努力なしに良い結果は得られません
二学期には大いに実力を発揮してほしいと思います」
「文字が多少乱暴なところがあります
丁寧に書くよう心掛けましょう」
いい気分(温泉)努力がそのまま結果に現れたら どんなに良かったことでしょう
どの先生も、そして親もそうだけど
『慎重』『丁寧』『努力家』『まじめ』『実力はある』
というような子供の字がきれいでない様子を見て
何故に『乱暴』と思うのか???
指導の言葉が『もっと丁寧に』しか思い付かないのは何故だろう???

「興味のある教科を中心に努力してみるのも良いでしょう
漢字の練習も今のうちにしっかりやっておくといいと思います」
るんるんごもっとも
この先生は 理不尽な事(子供らしくしろ、とか)を言わないのでいいね

「実力を持っています
各教科とも もう一息の努力が望まれます
もう少し欲を持ち 自分なりの目標を目指して学習しましょう」
「高学年では 自力で学習する力も備わっていますから
家庭での時間を有効に生かして下さい」
夜欲とか目標とか、全く理解してなかったな〜
ってか、自分が何を食べたいかすら答えられなかった頃だもん
家庭での時間は、宿題と自身の身辺の世話(食事、入浴など)で
いっぱいいっぱいでした

「下校時間があまり守れませんでした
悪いところがあったら きびしく指導していきたいと思います
ご協力をお願いします」
曇りこの頃は下校時刻くらいで済んでたのね
中学校以降は、登校時刻、下校時刻、授業の開始時刻、などに
ことごとく遅刻しまくるようになるのです
小学校は集団登校で、集合時刻には遅れてたけど
学校の始業には間に合ってたんだな〜

○6年生○
「実力は充分あると思いますが
テストの結果を見ると期待を裏切ることがあります
国語は漢字の書き取りが苦手のようです
根気強い練習しかないでしょう
算数は他の人たちも良い成績を上げているので
今以上の奮起を期待します」
曇り『奮起』なんて未だに一度もした覚えがない。。。

「仕事は責任を持ってやっています
委員会、あるいは学校の中で中心となって
どんどん活躍してくれることを期待しています」
晴れこの頃から だんだんと物心が付いてきたようで
周囲からも期待の言葉を掛けられるようになってきた

「漢字書き取りの努力が三学期の成績に現れたようです
実力があっても努力なしには
それを充分発揮することはできないでしょう
中学校での活躍を期待しています
卒業おめでとう」
晴れやっぱり物心が付いてきた模様
LDを補う自分なりの『頭の使い方』を見つけたのかもしれない
けど、高校受験が済んで以降、まるまる忘れちゃったらしく
やっぱり字が書けないのです (・o・)

「友だちを大切にして中学校生活を送って下さい」
たらーっ(汗)社会性の発達は やっぱり大幅に遅れていたのか?

この先生、どうしてるかな〜
いつか会ってお礼を言いたいと思うのです
ラベル:LD 自閉症
posted by kururu at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アスペの通知表:小学校中学年編

アスペの通知表シリーズ

大人になるまで何の診断も付かなかったけど
kururu は自閉症
わりと『積極型』寄りの『受動型』
あと、文字のLD、心臓弁膜症
発達障害への理解もない時代に
そんな子供が普通学級に通った通知表

○小学3年生○(新卒男子、熱心な先生でした)
「休み時間には元気よく友だちと遊んでいます」
「授業中は静かに人の意見を聞いていますが
休み時間の時のような活発さが失われ
発表のときの声が小さくなりがちです
進んで授業に参加する自主性を育てていきたいと思います」
晴れこの頃は友人に恵まれ
ってか、発達障害児同士楽しくやってたのよね〜

○2学期○
「まじめな面を持っているのですが、行動がともなわないようです
目上の人に対する言葉遣いに気をつけてほしいと思います」
「授業中の落ち着きがなくなってきました
分かっていてもちょっとしたミスをおかすことが多いようです」
パンチこの頃、多動っぽい(かつ、ネグレクト気味な)友人と一緒になって
悪いという自覚もなく 先生にいたずら三昧をして甘えてました
ごめんなさい

○3学期○
「理解力があります 発表するともっといいとおもいます
文字を丁寧に書くようにしてほしいと思います」
「言葉遣いについて機会をみて指導してきましたが
忘れてしまうことがあります
人間関係を円滑にすることになりますので
徐々に直していくように これからもご指導を
お願いします」
あせあせ(飛び散る汗)出た!言葉遣いと文字の汚さ
LDなんて概念、誰も持ってなかったんじゃないかな?
諸々を「もっと丁寧に」はこの後ずっと言われ続けてた
言葉遣いや大人への態度もこの後 継続的に指摘されてた
この先生は、5、6年生の時も担任
たぶん、小学校時代の Best恩師

○4年生○(おじいちゃんの先生、ここは軍隊か?
いつも大声で怒鳴りちらし、叱責し、侮蔑してました
1mくらいの竹の棒をいつも持ってて
黒板を指し示すより むしろ
児童に向かって振り回し、叩くのに より多く活用されてました
当然ですが 教育委員会へ通報されました)

「理解力があり努力家であるが 作業面が遅い」
「非常に慎重で作業が丁寧ですが
作業を早くすることを期待します」
「授業中 姿勢が崩れがちで背中が丸くなりがちです
正しい姿勢をとる習慣を付けましょう」
「少し気力に欠けるところがあるがまじめである」
雪やっぱり遅いらしい。。。 ってか、今でもとろい
姿勢が崩れるのは、自閉症のせいか何のせいか
全身の関節がゆるく、筋力が弱く、
ついでに 1日中起きてる体力がなかったからだと思われます

雷この頃から鬱や神経症の症状が出て
抜毛など 自傷行為が目立ってました
よっぽどストレスだったらしい。。。
けど、なんとか通学してました
いいこいいこ ヾ(・o・ )
ラベル:LD 自閉症
posted by kururu at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アスペの通知表:小学校低学年編

アスペの通知表シリーズ

大人になるまで何の診断も付かなかったけど
kururu は自閉症
わりと『積極型』寄りの『受動型』
あと、文字のLD、心臓弁膜症
発達障害への理解もない時代に
そんな子供が普通学級に通った通知表

○小学校入学前○
幼稚園の頃から ほかの子供より遅れていたようで
クラスの子たちが kururu の面倒を見てくれてたし
先生も特別に目をかけてくれていたようでした
就学後も大学までずーっと
同級生が身の回りの世話を焼いてくれる状況は続く

○小学校入学早々○
「動作がとてもゆっくりです
学習の後始末など要領が悪く遅いです
学習面でも、よく理解はしているのですが、
のんびりしていて終わりまで出来ない事が度々です」
雨就学早々 世間は厳しいです

○1年生2、3学期○(転校で教師がかわりました)
(転校先で人生初の汲み取りトイレを経験し
恐くてトイレに行けずお漏らししたり
よっぽど恐かったのか 家でまで おねしょが復活したり)

「お友達と仲良く協力して仕事をすることができました」
「作業などゆっくりなところがありますが
最後まで丁寧にやることができました
体育は もう少し自分から進んでやるようにしましょう
給食は もう少しはやく食べるようにしましょう」
かわいい状況はあまり変わっていないようだけど
担任教師がかわると、こんなに表現が変わります
愛を感じるな〜

○2年生○(新設校へ移り 先生変わりました)
「他の子供たちと比べて幾分明るさが足りないように感じられます
伸び伸びとした大らかな態度で学習やスポーツをするようにしましょう」
たらーっ(汗)そんなこと「しましょう」って言われてするものか???

○2年生2学期○(産休の代用教員で割とリベラルな人だった気がする)
「人の話を聞く態度が大変よくなってきました
発表時も、間違えても自信を持って発表できるよう心掛けましょう」
曇り自信って「心掛け」で持てるものなのか?
教師の言うことはよく分からん。。。

「クラスの仕事には協力的です
時々忘れ物をするのが目立ちます 気をつけましょう」
ひらめきこの頃から 良くも悪くも kururu の特性が目立ってきた様子

○2年生3学期○(1学期の先生 再登場)
「熱心に学習に参加していますが もう少し落ち着きが必要です
よく考えて解くと出来る問題で間違えてしまうようです
じっくり考える態度を身につけましょう」
晴れあら!当人の記憶より ずいぶんとしっかりしてますな
『参加』できてたなんて、『授業』ってものを理解してたのかしら?

「まだ、子どもらしい明るさが足りない気がします
自分から進んで友達の中で遊んでいくよう心掛けましょう」
雷この先生の好きな子供のタイプはよく分かったよ
けどさ、そんなこと『心掛けて』する活動は
『遊び』じゃなくて『子供という役割』を『務め』るってことなんじゃない?

「時々、自分の行動に対し言い訳をしたりします」
雷たぶん、先生が問いただしたんじゃない?
で、訊かれたから答えた
自閉ちゃんは物事の捉え方が一般的じゃなかったりしがちだから
それが屁理屈に聞こえたんじゃないかな〜
と、過去の自分を弁護
教師の捉え方一つで、いい子にも悪い子にもなるんだよね
この先生には、広い視野と 教師としての大らかな態度を身につけてほしいです
ラベル:LD 自閉症
posted by kururu at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日はまた、一段と眠たく

そんな日に限って
生協の宅配やら宅急便の集荷やらを
待ってなくちゃなのですよ
あ〜〜〜畳に沈む〜 ぶくぶく。。。(∪o∪)
posted by kururu at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。