2008年06月05日

ホームヘルプの時間割

コメントと ちょっと内容がかぶるけど
自閉症者への『情報の視覚化の効果』の話

ホームヘルプを頼んだはじめの頃
1回3時間の中で
何をどんなペースでしてもらえばいいか分かんなかった
時間配分とかもどうすればいいのか分かんなくて
いまいち満足のいく状態じゃなかったの
(もちろん、来てもらってない頃よりは全然良くなってたけどね)

しばらく経って(数年経ってたかも)
ふ、と思いついて『タイムテーブル(時間割)』を作ってみた
その時作ったのは
PCで(エクセルで☆)A4横書き
縦に時間軸(上から下へ)を取って
横は
『掃除(居間)』『掃除(水回り)『洗濯』『炊事』の4項目 (∩_∩)v
で、してほしい作業を 表の中に割り振って行ったって訳
イレギュラーに頼みたいことは その時々に手書きで追記して
ヘルパーの人に渡すの

視覚で認識できると 落ち着いて深く考えられるよね
表を作って
自分でも理解が進んだし(視界すっきり!ってかんじ)
ヘルパーの人たちにも
kururu の希望がはっきり伝わったよ

もちろん
毎回その場で思い付いたことを頼んでても良かったんだけど
必要な時に必要な事を 漏らさず思い出して適切に伝える
ってことが出来ない障害なんだし
決まったことを決まった手順でしてもらった方が
気持ちが楽ちんなんだよね〜
さすが!自閉ちゃん σ(^○^)

やっぱ
『自閉ちゃんには情報を視覚化してあげてね』って ことなのね♪
「高機能者(知的障害がない人)だから必要ないだろう」とか
「大人なんだから自分でどうにかするだろう」とか思っちゃうとしたら
ちょっと間違ってます

その頃の kururu は
コンディションが良かったから表を自作できたけど
今の体調では ぜんぜん無理〜 。・°°・(>_<)・°°・。
ってか、調子悪いから援助を頼んでるわけで
出来ない人の方が多いと思う
そこは一つ、周囲の援助者が
(サービス提供責任者、ケースワーカー、ソーシャルワーカー、などの人が)
フォーマットを準備して
当人の希望(これだけは毎週してほしい、とか、時々これもしてほしい、とか)

ヘルパーの人の考え
(ここの順序は逆の方がいい、とか、ここも汚れやすいから掃除しよう、とか
 そんなにいっぱいは出来ない、とか、もうちょっと出来る、とか)
を聞きながら表を埋めていってほしいな〜
もちろん、実際に動いてみながら 日々調整をしていってね

こーいう表が たった1枚あるだけで
自閉症者の日々の負担が減るのです
どーぞ ご理解


ラベル:自閉症 ヘルパー

身近な他者に考えを伝えるには(家計編)

戴いたコメントで、ちょっと思い当たった
恵まれた環境の人以外は
女の人なら 少なからず思っているんじゃないかしら
「夫に、父に、息子に、家計の把握をさせるのが大変 (ToT)」
って!
自分に、あるいは相手に障害があるなら尚更よね

思うに
男の人と女の人って モノの見え方が違うんじゃないかな
女の人って『満点からの減点法』の傾向が強いけど
男の人って『ゼロからの加点法』の傾向が強い
恋愛なんかでも
女の人は まず『王子様出現!』って思いがちだけど
日に日に彼の『特別』じゃないところを受け入れて行くじゃない(笑)
男の人って(特に照れ屋さんの日本人は)初めは
『たいした女じゃない』みたいな ひねくれた格好付けをするんだけど
ちょっとずつ彼女のいいところを発見していく
なーんてことが多いんじゃない?

話を家計に戻すと
女の人って、必要な額を容易に認識して
そこからどれだけ足りないか、を考えられるけど
男の人には容易ではないのかもしれない、と思うのですよ
例えばうちの彼でいうと
「俺はゼロじゃない」
「家計に金を入れてるのに なんで意見されなきゃいかんのか」
って思っているのかも

そんなこんなで悩んじゃってる日本全国の女性脳のみなさん
考えるヒントに読書でもいかが?
気晴らしにもなるしね


kururu の愛読する 黒川伊保子さんは
男女の脳の違いを研究してます
男女の脳は形からして違うんですって(!)
「妻に求められる資質は『気にしないこと』」
「『男って鈍感!』『女って感情的!!』はあなたの勘違い」
などなど この人の本は名言の宝庫よ
「あの人は何でこうなのよ〜(嘆)」の答えがここに↓
恋愛脳―男心と女心は、なぜこうもすれ違うのか (新潮文庫)』黒川 伊保子(著)



「理由は分かったけど だったらどうすればいいって訳?」
のヒントがこの2冊↓↓

「男の人が『舵を握っているのは自分だ』と満足しててくれれば
 家庭内は 割かしうまく行っちゃう」そうですよ
サレンダード・ワイフ 賢い女は男を立てる
ローラ ドイル(著), Laura Doyle (原著), 中山 庸子 (翻訳)


この本で言う『男性的』な面はちょっと『アスペ』的でもあると思う
なぜ彼は本気で恋愛してくれないのか (ワニ文庫)
ハーブ ゴールドバーグ (著), 角 敦子 (翻訳)


どの本も文庫
読みやすく分かりやすくコンパクトにまとまってるから
すぐ読めちゃう!
忙しい人にもお奨めよ♪
ラベル:自閉症 本とか
posted by kururu at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛してるとか 好きだとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うちの『ナイーブ君』

うちの彼は『ナイーブ君』
はっきり言って 打たれ弱い。。。(v_v)
相手に攻撃の意図がなくても
裏読みして凹んじゃう

昨日 彼に伝えたいことがあったの
kururu は 即時に言葉を紡ぐのが不得手なので
対面で話すより e-mail の方が正確に伝わるだろう って思って
それと
うちの彼、口頭で伝えたことは 時々しらばっくれるから
受け流してほしくないことは e-mail で伝えることにしてる
で、夕方 mail を送ってみた
内容はこんな
そしたらさー
夜 帰宅した彼ってば 明らかに憔悴(しょうすい)してた
ありゃ? もしかして打ちひしがれてる?

いちおー 原因はいくらでも考えられるけど
(仕事の相手先に無茶な要求を突き付けられたとか
 人込みで腹の立つことに出くわしたとか)
やっぱ さっきの mail のせいだと考えるのが妥当よね

kururu は
『 kururu が傷付いちゃう事情も理解してね』と言ったつもりだったんだけど
彼は
『自分が責められた』と解釈したのかも
そんなにしょんぼりしちゃうとは思わなかったよ
mail の前半部分は
責めた訳じゃなくて
分かりきった事実を確認しただけのつもりだったんだけど
自分の非を聞かされるのはそんなに辛いですか
気が利かなくてごめんね (・・;)

彼が
kururu に言われたことを消化して気持ちに整理をつけるのには
あと数日かかるだろう
そーいうのって 他者が手を貸せる問題じゃないんだよね
彼が自力で考えるしかない
それまでは
うちで だんまりを決め込もうと
下を向いてご飯を食べようと
そっとしておくしかないのだろう

しばらく
言葉少なく(表面上は)淡々とした日々が続く
posted by kururu at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛してるとか 好きだとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝ごはん

本日も淡々と
posted by kururu at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛してるとか 好きだとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。