2007年12月29日

大根いっぱい

お野菜たくさんもらったの♪
大根たくさん
何作ろう?

昨日今日で豚汁作った
おいしくできた (^O^)v
明日は柚子大根(お漬け物)でも漬けようかな


posted by kururu at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいモノがすき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

円滑なコミュニケーションを獲得するには

さっきの続き

自閉症の人(子)が
世の多数派(非自閉症者)との円滑なコミュニケーションのための
スキルを身に付けるには
スキル以前に必要なことがある
それは
『認められて うれしい、誇らしい』
と思う感情なんじゃないかな

非自閉症者との円満な関係を築くには
『感情的報酬』が不可欠だけど
自閉症者は 素のままでは そういう事に気付きにくい
やっぱりスキルが必要なんだ
でも 理屈や例文だけを教えたって 実践では使えない
だから
さまざまな感情を経験することが大事だと思う

1、自身のありのままを 純粋に 心から 手放しに 認められる経験が自信となり
2、ほめられた自分が喜ぶ(満足する)ことで、誉めた人も喜びを感じる
  と云うことを知り
3、また、自分の言動で人が喜ぶことの幸せ(満足)をも経験することで
4、はじめて
  他人の良いところを認め、感謝、詫び、好意、等を言動で伝えることの
  動機が芽生えるんじゃないかな

その上で
他者に『感情的報酬』を手渡すスキルを覚えていけばいいと思う
年齢が進むにつれ、必要な言語は変わってくるから
その時々に インプットできれば かなり実践的
場合によっては例文集とかもアリだよ(恋愛本とか(笑))

だから、自閉症児者に接する人
主に親御さんや教師の人たちには
その人の良いところを見つけたら
ぜひぜひ 手放しに認めて誉めてほしいの
『取り引き』『なだめすかし』『子供だまし』『おべっか(お世辞)』
なんかじゃだめなんだ
だって、そんな大人の心理なんて 自閉症の子供だってリアルに感じるよ
大人が子供にそんな態度で接したら
他者を欺く態度だけを学習しちゃうかもしれないじゃん

ありのままを 純粋に 心から 手放しに 認められる経験を
沢山させてあげてほしい
積み重ねが力になるよ
特に 通常学級で育っている子は
『認められる』『ほめられる』機会が少なくて
どちらかというと 叱責される経験ばかりになりがちだよね
いいところを見つけたら
その人に分かるように、また、周囲の人々(同級生とか)にも分かるように
きちんと言葉で伝えてあげてね
ラベル:自閉症 教育
posted by kururu at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

非自閉症者は感情的報酬を求める

狸穴猫さんの『 アスペルガーライフblog』より
定型発達者は感情的報酬を求める。
定型発達者は感情への対応優先の会話を好む

なんか、すんごい納得した
アスペな人たちは 多かれ少なかれそう感じていたであろうけど
こーいうの 言語化するのが難しいんだよね

会話の『好み』の問題である
とは 何となく思ってても
適当な言葉が見つからなくて
他者に説明するときだけでなく
自分の思考の中でさえもぼんやりとしていて不自由してた

でもね
自分では 上手な受け答えができないことも多いけど
『配慮』ある『やさしい』言葉をかけられると
kururu うれしい

で、どうしたら自分でも
『適切な』間合いで『適切な』気遣いの言葉を発せられるか
って考えて
そのために
モノの本を読み
ノートに書き出して
何度も推敲(すいこう)して
そうやってちょっとずつ
世の多数派(非自閉症者)とのコミュニケーション言語を獲得してきたんだ

小学生の頃には少女漫画
中高生の頃には『Olive』とか(少女雑誌っていうのかな?)
そんでもって
今年は いわゆる恋愛本(マニュアルだったり心理学の本だったり)
をいっぱい読んだ
いわゆる恋愛本って 恋愛をテーマに語ってはいるけど
本質は 対人スキルの補強を目的とした本だと思う
自閉症者と非自閉症者の『異文化コミュニケーション』を円滑にする考え方が
いっぱい拾えて
読む前は 内心 小馬鹿にしていたんだけど
読んでみたら けっこう身になりました
つづく→)


敬語とは 人との距離を任意に調整できる便利なツール
ちゃんと話すための敬語の本』橋本 治 (著)


困った時には「え〜〜〜っ!」と言ってみよう
上司は思いつきでものを言う』橋本 治 (著)


『暗に』拒否する言葉、『暗に』けなす言葉、『暗に』自慢する言葉
などに振り回されないために
お嬢さまことば速修講座』加藤 ゑみ子 (著)


この本で言う『男性的』な面はちょっと『アスペ』的でもあると思う
なぜ彼は本気で恋愛してくれないのか
ハーブ ゴールドバーグ (著), 角 敦子 (翻訳)


『自分で』決めたい人と『みんなで一緒』にしたい人の
見分け方と 適切な配慮の方法
プロセラピストが教える秘密の恋愛カウンセリング』石井 裕之 (著)


『イマドキの微妙なお作法を教授』してくれるありがた〜い本
非自閉症者には当然で、でも、誰も表立っては教えてくれないこと
あまりお上品ではないけどね
世渡り作法術』『ホメるが勝ち!』酒井 順子 (著)
 
ラベル:本とか 自閉症

朝だ!

グッピーちゃんたちも
久しぶりに朝のお目覚め
雨降りだからちょっと暗いけど
今朝もげんきに すーいすい
posted by kururu at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。