2007年11月15日

制服とかユニフォームとか

さっきの(これこれ)の続きみたいなもんなんだけど
制服が向かない人って結構多いと思う

感覚過敏のある自閉症者もそうだし
アトピー等の皮膚の不都合がある人も
かさかさでふけが気になる人も
汗っかきの人も
体型コンプレックスの人も
性同一性障害の人も
ほかにも
kururu には思い付かないような何かで困っている人も
あと、思春期の繊細な少年や乙女も

特に学齢期の人や 社会人でも職場に制服がある人はたいへん
OLさんのストッキングとパンプスも ほぼ制服だし
学ランの立ち襟や ワイシャツ+ネクタイも
襟元の皮膚は弱いから なかなかしんどいよ
制服って拷問に近いよね

「そんなこと考えたこともない」っていうような
無神経な人が決めた制服で 多くの人々が苦しんでいる
教育委員会も学校の先生たちも
上っ面だけの平等教育をマンネリに続ける暇があったら
制服(体操着なども含む)について
もっと真剣に考えてほしい

日本の制服文化は
管理社会の象徴という意味で 国の汚点だと思う


自閉症のみなさん、着衣は好きですか?(2)

→つづき
かく言う kururu も
一般的な健常者と比べると
わりと感覚過敏で
苦手な服が多いもん
さすがに、大人で女性で気が小さい kururu は
お風呂上がりでも数分で服を着るけど
どんな時でも 化繊の服は着ない
お布団も化繊の布団はどうしても嫌なの(中綿も側生地も)

その会合の日も
kururu の服装は
靴と腕時計以外は All cotton 100% だったから
そのことを みなさんに言ってみようかな?って思ったりもしたけど
なんとなく黙って帰って来ちゃった

kururu は
基本的に 化繊の服は着ない
化繊混紡の服も着ない
裏地の化繊もイヤ
飾りのレースが化繊、って云う程度なら
デザインが気に入れば買っちゃうこともあるけどね

でもね
買い物が苦手な kururu
お店で
素材、デザイン、値段、手持ちの服との相性
その他 あれこれを一度に考えることができなくて
間違って買っちゃったりもするんだ
そんなときは、ちょっとがっかりしながら
知人に譲るかリサイクルに出すか

あとね
既製服に付いてるタグ(ふだ)は すぐにとっちゃう
肌に当たるところのは必ずとる

化繊じゃなくても
ウールが直接 肌に当たるのも苦手
下にコットンのシャツを着ることにしてる

それでどうにか着衣の生活を送っているって訳
着衣の苦手なみなさんの参考になるかな?
ラベル:自閉症
posted by kururu at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自閉症のみなさん、着衣は好きですか?

先日 区内の人たちで
自閉症のお話をしてきた
その会は
自閉症児の親(主に母親)と
役所の子供担当の人が大半で
話題も自然に子供のことに

「うちの子は
 感覚過敏のせいで着衣が苦手で
 家では全裸で過ごす」
なんて話が出てた
珍しいことじゃないらしい
ちなみに そこんちでは
「学校に行く時に服を着てくれれば
 家ではうるさく言わないことにしている」
んだって
『イヤ!』な気持ちを汲んでくれるお母さんでよかったね

そーいえば、友人のお母さんで
かなり自閉症っぽい人がいるんだけど
その人も わりと全裸でいることが多いらしいの
全裸でベランダに出てお洗濯物を干してたり。。。

実のところ、全裸派の自閉症者は
どのくらいいるんだろう?
つづく→
ラベル:自閉症
posted by kururu at 19:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この死をどうとらえるか

この人たち 仲間だと思う

陽だまりのねごと より
知的障害者への警官暴行死

隅田川の東から より
美しい空。
ラベル:自閉症 考える葦
posted by kururu at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひなたぼっこ日和

今日はあたたか
お日さまぴっかり
こんな日は
お外で過ごそう
posted by kururu at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日お疲れ休み

ねむい。。。(+_+)zz
posted by kururu at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。