2007年09月18日

道に女の子が倒れてた

昨日
道端に女の子が落ちてた

20代?
OLさん風
ミニスカート
同伴者なし

けがをしている様子はないけど
声をかけてみても応答なし
通りかかった人に通報してもらった
救急車と警察が来た
事情を訊かれたけど
通りすがりに見つけただけなので何とも・・・
付近で立ち去る人を見なかったか、とか
あんた誰? とか
そんなこんなを訊かれた

繁華街から横道に1本入っただけの場所で
人も車もぼちぼち通る道なのに
人が倒れてても みんな素通り
都会ってそんなものなのかな?
いやなかんじ

kururu は
万が一 街で倒れそうになったら
お店の入り口の前で倒れることにするよ
なるべく邪魔になりそうな所を選んでね
そうでもしなきゃ
誰も助けてくれないかもしれないもん


posted by kururu at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

彼はスルーできなかったんだ

その友人のこと
うちの彼は ほんとに苦手としていた

立場 というか 自分の立ち位置 というか
そーいうモノをわきまえない言動

何でも 自分の知っている話に引き寄せて考える
視野の狭さ

自分は優遇されて当たり前
と思う勘違いぶり

そんなこんなが受け入れ難かったみたい

普段 kururu は
笑ってスルーしてきたけど
彼のいら立ちも理解できた
そんでもって
くすりを休んでる 今の kururu は
彼と同様に
そんなこんなに いちいち引っかかっちゃってる

彼にも
kururu のお薬みたいな何かがあったなら
もう少し楽に生きられるんじゃないかな
ラベル:自閉症
posted by kururu at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛してるとか 好きだとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原因は自分の中に

kururu ねー
今 わかったの

ここんところ
友人の言動に いちいち引っかかってて
何か言いたくなっちゃってた
「それはちがうでしょ」とか
「そーいう考え方は相手に失礼だよ」とかね

でも
普段から突っ込みどころ満載の友人なので
今週だけ 特別にヘンな事を言ってる訳じゃない
いつもと違うのは kururu だったんだ

くすりを休んでいるせいか
気持ちに余裕がなくなってるのかもしれない
普段だったら笑ってスルーできる状況も
いちいち 気になっちゃう

今 休んでるくすり(抗不安薬)
気持ちの乱高下を押さえると同時に
自閉症の『こだわり』も緩和するんだって
うーん、
やっぱ 飲んでる方が気持ち良く暮らせるみたい
ラベル:自閉症
posted by kururu at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひとり飲み

でもさ
ちいさな不満を抱きながら
一人で飲むものが
酒じゃないだけ まだいいよね
ジュース飲むくらい
かわいいもんじゃん♪
posted by kururu at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愚痴

言ってみようかな?
なんて思うのに
言い慣れてないと
思うようには言えないものね
posted by kururu at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

往生際 悪く

日付けが変わっても
グレープフルーツジュース♪
ラベル:Sweets
posted by kururu at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。