2006年11月29日

教育基本法改正?

さっきの続き

いじめ とか 不登校 とか ストレス とか 自殺 とか
はっきり言って
日本の学校制度が行き詰まっているんだと思う。
本来の学校のするべき事を超えて
あれこれやり過ぎて 窮屈になっちゃったんだよ。
だって、例えばお稽古事で
自殺者まで出すようないじめってあんまり聞かないでしょ?
行くも自由、止めるも自由、他にもいろんなところが選べる、
となれば、行かない自由も保障される。
生徒が減ると経営が行き詰まるので
顧客サービスとして 学校経営者も教師も
いじめ問題に本気で取り組むようになると思うよ。
そろそろ緩めて行きませんか?(→文部科学省の皆さんへ)

教育の選択肢がもっとあればいいのに と思う。
学区制の緩和(公立学校選択制)とか
私立校を増やす とか
そんなチマチマした事ではなく
教育基本法のカリキュラムに関する部分と
設置者(運営者)に関する規定をもっと緩く出来ないかと。
カリキュラムに関して云えば
例えば
教科書やテストを排除した学校、とか
小学1年生には文字や数字を教えない学校、とか
思いきって 本当の意味の『フリースクール』を実現している学校、とか
朝礼や運動会の類いの軍隊的な教練をしない学校、とかね。
もっと云えば、ホームエデュケーションだって良いはず。
この国は戦争を放棄している訳だし
教科学習の面でも
義務教育終了時点で 他校と差がなければ良い訳でしょ、要は。

そんなこんなを考えるにつけ
教育基本法の見直しは
愛国とか、そんな『学校の仕事じゃない部分』まで強要する方向に ではなく
『育ち方』に関する個人の選択の幅を広げるような方向に
進んでほしい。
そんでもって
日本でも『教育バウチャ−制度』が実現するといいな〜
と思っている。

安倍さん、もっとアピールして下さい!!



ラベル:教育
posted by kururu at 21:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不登校の首縄時代

最近読んだ本↓によると
『首縄時代』だったそうですよ
kururu の育った時代は。
このネーミング、云い得て妙 と思います。

『首縄時代』とは
《学校を休みたがる子どもを
 首に縄を付けてでも登校させる事を良しとした時代》
なんだそうで。
当時、文部省がそう云う方針で
教師がそれに従い
保護者もそれに倣っていた模様。
なるほど、どうりで厳しかった訳だ!
kururu も家から叩き出されてたもん。(笑)

いわゆる『不登校』に対する日本の施策は
1990年代に ソフト路線に向いたものの
2000年代に入って
再び強硬路線に揺り戻したそうで
なんだか心配です。

登校を強制することは 子供への人権侵害です。
日本国憲法にも違反するし
日本も批准する 国連の『子供の権利条約』にも違反します。
教育を受ける、選ぶ、そして、受けないことをも含む
子供に関する全ての権利の主体者は子供自身です。
が、
障害を持つ子供は、うっかりしていると
善意の大人によって、あるいは、周りの子供たちによって
その権利を侵害されがちです。
教育の選択肢がもっと多ければいいのに、と思います。
みんなで ちょっと考えてみませんか?

今通っている『学校』以外にも 子供が成長する『場』は存在します。
そー云う事に気付かせてくれる本。↓
  
ラベル:教育
posted by kururu at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。