2006年11月30日

フィードバックが効いてない?

セルフモニタリングとでもいうんでしょうか
kururu は 自分自身のコンディションが把握出来てないみたい

気温が上がっても下がっても 暑いとか寒いとか気付くのが遅くて
体温もつられるので 体調不良を起こす

おなかの空き具合が判んなくて
手が震えたり冷や汗をかいたりするまで気付かない
逆に満腹もよく判んないので 苦しくなるまで食べちゃう事もしばしば

疲労感も感じず気力体力の限界を超えている事もある
当然、後で体調を崩す

睡眠不足も同様

自分の声量もよく判んなくて
相手に届かなかったり 不必要に大声を出していたりするらしい
よく指摘されてるもん

身体から脳みそへのフィードバックが効いてないのかな?
やっぱ、自閉症って身体障害だと思う(←個人的見解です)
ラベル:自閉症
posted by kururu at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国民年金の支給基準が判りません

生活保護は「貧乏だから」支給、
年金は「心身に困難を抱えてるから」
あるいは「保護者のいない幼年者だから」支給、
のはずじゃなかったっけ?

障害年金を受給していると
数年ごとに『現況届』ってやつの提出を求められるけど
『先天性の障害』を理由に支給している自閉症の受給者に
どんな生活をしてるか 聞いてどうするんでしょう?
生活保護じゃないんだから
暮らしぶりによって額を調整するのは違法でしょ?
精神障害者の就労は 障害の存在を否定するの?
身体、知的、精神、の障害はそれぞれ個別に考慮すべき物で
例えば、『五体不満足』の乙武くんは
自力で歩行(?)できるから、とか
頭がいいから、とか
職業を持っているから、とか
現金収入があるから、とかの理由で
支給が停止されたりするのでしょうか?
でも、精神障害者に関しては
「頭がいいから」とか「体が動くから」とか「職業が有るから」とか
言われがち。
はてはて???

更に良く判んないのが老齢年金。
やっとこさ就労している障害者より よっぽど能力の高い高齢者は
沢山居るよね。
それこそ暮らしぶりを調査して支給額を決めるべきなんじゃない?
高齢者に基礎年金を支給する根拠は何なのか?
いちいち調査するとなると 事務費がかかり過ぎるって事かな?

もう一つ判んないのが遺族年金。
「現金を稼いでくる保護者が居ない幼年者は 成育が困難だから」支給
なんだと思っていたんだけど
よく考えたら、はじめっから一人親の家庭の子供とか
親は実在するけど、浪費しまくりで家計が成り立っていない家庭の子供とか
親が死んだのと同様に困難な状況の子供はいっぱい居るよね。
なんで、そー云う子供には支給されないのか?
『親の因果が子に酬い』ちゃうのは憲法違反ですよ。

年金行政、全くもって意味不明。
その辺に詳しい人がいたら
ご解説お願いします。

実は彼の本↓読んでません。。。すんません
  
ラベル:社会保障

健全な幼児教育のプログラムは

最近見つけたお言葉

『幼児教育にはモンテッソーリ式、ウォルドーフ(シュタイナー)式、
 遊びを中心としたもの、行動主義にもとづくものとさまざまある。
 だが一般に、そうしたレッテルとは関係なく、幼児の特性を
 よく知っている教師のやりかたには共通するところが大きい。
 反対に、同じモンテッソーリ式の幼稚園でも、モンテッソーリ式と
 普通の幼稚園以上に違いの大きい場合も有る。
 要は、レッテルで早期教育プログラムの中身を判断してはならない
 ということだ。』

『信頼感と自律心、自発性と帰属感、勤勉さと有能感
 これらをしっかり身につけた子どもは、
 小手先の知識や技術はふんだんに備えていても、
 健全な自己意識を持たない子どもよりも、
 よほど社会に出てからの適応力や対処能力にすぐれているのです。
 人生における成功は、知識や技術によって保証されるのではなく、
 健全な人格によってもたらされるのです。』

子どもの将来を考えると
とくに、その子に障害が有るとなると
あれやこれや社会からの情報(外野からの横やり?)に
振り回されそうになる。
熱心なセールストークにうなずきそうにもなる。
でも、ちょっと冷静に周囲を見渡せば
子どもの健全な育成に力を貸してくれるサポーターは沢山居て
そう云う健全なサポートは、大概 高額の対価を求めたりはしないんだよ、きっと。

この本↓、前半は全然好きじゃなかったけど
(そもそもアメリカの本の邦訳って、良い感じにするのがむずかしいのかも)
最後まで読んだら割と良かった
ラベル:教育
posted by kururu at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご近所のお友達

最近 仲良く(?)なったの。
ご近所のお友達。
前を通るといつも挨拶してるんだ。
芝生の上で
いつもにっこり。
ちっさくてかわいい。。
ご近所のお友達.jpg
posted by kururu at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『おうむ返し』か『黙り込む』か

自閉症者の行動特性として
『おうむ返し』ってのが有ります。
相手の発言の意味が判らない時に 相手の言葉をそのまま繰り返す
ってやつ。
でもでも、記憶の有る範囲内では
kururu は 『おうむ返し』ではなく『黙り込む』子供でした。
たぶん 教育のせい。

kururu の親は、ひじょーに厳しく kururu を躾けたの。
他の子供が出来る事を kururu が出来ないと
有無を言わせず叩き込む。
他の人のしない事を kururu がすると
暴力も厭わず止めさせる。

たぶん『おうむ返し』も止めさせられたんだと思うんだ。
でもさ、他人がしない『おうむ返し』を止めさせたところで
言葉の意味が判らない事態はやって来る。

意味が判んない
⇒口に出すと怒られる
⇒どうすればいいのか判んない
⇒何もせずただただ困ってる(=黙ってる)

そー云う事だったんじゃないかな。
どうせ躾けるなら
『判りません』とか『どう云う意味ですか』とか
聞き方を教えてくれたら良かったんだけどね。

はいはい、今は大丈夫。
困らず、遠慮せず、ちゃーんと聞き返せます。
ってか、ちょっと図々しくなり過ぎたくらいかもね。(笑)
ラベル:自閉症
posted by kururu at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

教育基本法改正?

さっきの続き

いじめ とか 不登校 とか ストレス とか 自殺 とか
はっきり言って
日本の学校制度が行き詰まっているんだと思う。
本来の学校のするべき事を超えて
あれこれやり過ぎて 窮屈になっちゃったんだよ。
だって、例えばお稽古事で
自殺者まで出すようないじめってあんまり聞かないでしょ?
行くも自由、止めるも自由、他にもいろんなところが選べる、
となれば、行かない自由も保障される。
生徒が減ると経営が行き詰まるので
顧客サービスとして 学校経営者も教師も
いじめ問題に本気で取り組むようになると思うよ。
そろそろ緩めて行きませんか?(→文部科学省の皆さんへ)

教育の選択肢がもっとあればいいのに と思う。
学区制の緩和(公立学校選択制)とか
私立校を増やす とか
そんなチマチマした事ではなく
教育基本法のカリキュラムに関する部分と
設置者(運営者)に関する規定をもっと緩く出来ないかと。
カリキュラムに関して云えば
例えば
教科書やテストを排除した学校、とか
小学1年生には文字や数字を教えない学校、とか
思いきって 本当の意味の『フリースクール』を実現している学校、とか
朝礼や運動会の類いの軍隊的な教練をしない学校、とかね。
もっと云えば、ホームエデュケーションだって良いはず。
この国は戦争を放棄している訳だし
教科学習の面でも
義務教育終了時点で 他校と差がなければ良い訳でしょ、要は。

そんなこんなを考えるにつけ
教育基本法の見直しは
愛国とか、そんな『学校の仕事じゃない部分』まで強要する方向に ではなく
『育ち方』に関する個人の選択の幅を広げるような方向に
進んでほしい。
そんでもって
日本でも『教育バウチャ−制度』が実現するといいな〜
と思っている。

安倍さん、もっとアピールして下さい!!

ラベル:教育
posted by kururu at 21:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不登校の首縄時代

最近読んだ本↓によると
『首縄時代』だったそうですよ
kururu の育った時代は。
このネーミング、云い得て妙 と思います。

『首縄時代』とは
《学校を休みたがる子どもを
 首に縄を付けてでも登校させる事を良しとした時代》
なんだそうで。
当時、文部省がそう云う方針で
教師がそれに従い
保護者もそれに倣っていた模様。
なるほど、どうりで厳しかった訳だ!
kururu も家から叩き出されてたもん。(笑)

いわゆる『不登校』に対する日本の施策は
1990年代に ソフト路線に向いたものの
2000年代に入って
再び強硬路線に揺り戻したそうで
なんだか心配です。

登校を強制することは 子供への人権侵害です。
日本国憲法にも違反するし
日本も批准する 国連の『子供の権利条約』にも違反します。
教育を受ける、選ぶ、そして、受けないことをも含む
子供に関する全ての権利の主体者は子供自身です。
が、
障害を持つ子供は、うっかりしていると
善意の大人によって、あるいは、周りの子供たちによって
その権利を侵害されがちです。
教育の選択肢がもっと多ければいいのに、と思います。
みんなで ちょっと考えてみませんか?

今通っている『学校』以外にも 子供が成長する『場』は存在します。
そー云う事に気付かせてくれる本。↓
  
ラベル:教育
posted by kururu at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

作業療法

本日も自家処方
あみものあみあみ××
ラベル:手芸
posted by kururu at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

椅子を張り替えてみた

うんうん
ふかふかっ
良い出来 良い出来。。
ラベル:手芸
posted by kururu at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

雨のお疲れ休み

くっちゃね くっちゃね・・・  Zzzz...
posted by kururu at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

Margaret HOWELL さん

目の前に Margaret HOWELL さんが居た。
ほんものだ!!
動いてる!!!
うわ〜、お話しした〜い
どーしよ〜
・・・と、ご本人の周りをうろうろしてたら
ちらっとこっちを向いた
きゃー、なんて言おう?
「こんにちは」 かな?
「お会い出来て嬉しいです」 かな?
考えているうちに あっちに行っちゃった

その後で本屋さんに行ったら
ハウエルさんのご本が出てた
そっかー、出版の関係で日本に来てたのかな

お話は出来なかったけど
近くに居れて ちょっとうれしい。

ハウエルさんってこんな人↓
http://www.margarethowell.jp/
http://www.tsushin.tv/brand/london/howell.html

会ったのはこんなところ↓
http://www.margarethowell.jp/shop/jinnan.html
ここんちの cafe は むっちゃおいしい

本屋さんで見つけたご本↓
ラベル:
posted by kururu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

旧友来る

おともだちが会いに来てくれた。
電車で片道1時間の友。

お散歩して
お買い物をして
カフェでお昼 食べて
おうちでお茶 飲んで
おしゃべりして
おしゃべりして
おしゃべりして
ワインを飲んで
お散歩して

むひゅひゅひゅひゅ。。
posted by kururu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

雑巾を洗うのって

むずかしくない?
どこまで洗ったら洗い上がりなのか?

小中学校のお掃除では
雑巾がけの途中で
みんなでバケツの水で雑巾を洗ってたので
水がめっちゃ汚い!
んで、お掃除が一通り終わったら
水道の水で1回洗うんだけど
そこで例の難問が。。。

【どこまで洗ったら洗い上がりなのか?】

汚い水に触るだけで 大ストレスなのに
さらに
「どこまですればいいのか判んない」
って云うストレスが・・・

kururu 小学生の頃は
いつまでも洗ってて
担任教師が心配して
水道のところまで迎えに来た。

kururu 中学生の頃は
いつまでも洗ってて
担任教師が
イライラしながら
水道のところまで怒りに来た。

大人になった今は
雑巾で水拭きは 自分ではしない。
週に1回ヘルパーの人にしてもらっている。
雑巾洗うのもヘルパーの人。
んで、ときどき気が向いた時に
kururu が 洗濯機でがらがら〜っと。
それで何となくきれいに保ててるので
ま、いっか。って感じなんだけど
ヘルプ無しでは困っちゃう。

自力で雑巾を洗える日は
はたしてやって来るのでしょうか???
ラベル:自閉症
posted by kururu at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

ささくれ

ささくれ:表皮等が部分的に毛羽立った状態。刺激すると痛い。

彼の心にささくれが発生。
ここのところ ちょっと忙しかったからね〜。

うちの彼はナイーブ君。
ちょっとした事がストレスになる。
自営業で 自分の仕事量はある程度管理しているんだけど
なんせ 人気商売。
お声の掛かった時に引き受けておかないと
その後のお仕事をふいにしたりする。
なので 時々激務になったりするんだけど
そんな時に ときどき ささくれちゃう。
普段は自宅で仕事してるんだけど
仕事が増えると 打合わせ等で電車に乗る機会も増えて
それもストレスのひとつ。
んで、一度ささくれちゃうと
ちょっとした刺激がささくれを逆撫で。
予想外の事、自分の思惑と違う事、が発生すると
即 カリカリ。
今朝は
冬の定番 ホットサンドを作ろうとして
バターケースにバターが入っていなくて カリカリ。
いや、箱からバターを出して切ればいいだけなんですけどね。
ホットサンドが焦げたといって カリカリ。
焦げたところをこそげ落とせば おいしく食べられるんだけどね。
お皿を洗って、拭いていて
洗い残しを見つけては カリカリ。
洗い直すか 布巾で拭いちゃえばいいんじゃない?
典型的な発達障害者のパニック状態。

カリカリ カリカリ
無言でカリカリ
口を開くと爆発しそうなのか
無言で耐えて カリカリ カリカリ
なんだかハリネズミみたいだ。
逆撫でられないように 全身でめいいっぱい防御している。
痛いよね〜。
ひりひりするよね〜。
泣けてくるよね〜。
うんうん、年末年始は忙しいんだよ。
忙しいのは人気の印。
仕事を評価してくれる人がたくさん居るんだと思って
もうしばらく辛抱しようね。
posted by kururu at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

パーマカルチャー

数年来 興味を持っているのが『パーマカルチャー
実践例をアレコレと調べたりしている
kururu も 野菜のお庭欲しいな〜

ん?可動式の鶏小屋???
へ〜〜
初めて聞いた
草取りしてくれるんだ♪
これ、いいね
『カルガモ農法』みたいだね
可動式の鶏小屋.jpg
posted by kururu at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会について考えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どんぐりの甲羅干し

夕方、ベランダにシートを敷いて
どんぐりと松ぼっくりを並べてみた。
明日の朝
お日さまが昇ったら
どんぐりと松ぼっくりの甲羅干し。
暖かい1日になるといいな。
posted by kururu at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

病院に行って来た

んで、いま、
おうちでパンを食べているところ。
お気に入りのハニーバターをたっぷり付けて。
ミルクティーもおいしい。
posted by kururu at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

爪を切るのに1週間

身体能力には何の問題も無い。
知的レベルもたぶん関係ない。
なのになのに
爪を切るのに1週間
下手したら半月くらいかかっちゃう。
自立支援法の認定に来た役所の人も
レポート書くのに かなり困ってた(笑)

「あ、爪 伸びて来た」
「爪 切ろうかな」
「爪切り出さなくちゃ」
「どの爪から切ろうかな」
「なんか変な形になっちゃったな」
「ぎゃ!切り過ぎた!!」
「次はどの爪にしようかな」
「あ、ここ、ひびが入ってる」
「あれ?足の爪あんまり伸びてないや」
「足の爪ってどんな形に切っても
 失敗したような気がするから不思議。。。」
「ふう、終わった終わった」
「・・・? あれ?切り忘れがあった」
「ってか、右手の爪 1本しか切って無いじゃん。。」
「爪切り出さなくちゃ」
「どの爪から切ろうかな?」

・・・・と、繰り返すんだけど
そのひとつひとつの合間に
他の用件が入り込んで来て 中断しちゃう。
「あ、ご飯が炊けた!」とか
「宅急便呼ばなくちゃ」とか
「洗濯が終わったから干さなくちゃ」とか
「あ、おかえり〜」とかね
んで、
数分とか 数時間とか 数日とか簡単に経っちゃう。
気が付けば
「あ、爪 伸びて来た」から「完了」まで
余裕で1週間くらいかかってる。

気が散らないように
『何曜日の何時から何時は爪を切る』
とか、決めちゃえばいいのかな〜?

他の自閉症の人、
それと ADHD の人、
みなさん どうしてるんでしょうか?
ラベル:自閉症
posted by kururu at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひなたぼっこ

なんか、しょっちゅう鬱になってる気がするので
新しい日課を考えた。

毎日午前中に ひなたぼっこ。
ベランダの椅子で ひなたぼっこ。
お花に水をやりながら ひなたぼっこ。

うんうん、
素敵な朝の過ごし方。
ラベル:
posted by kururu at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 障害とか病気とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。